vvv 端午の節句って?どのようにお祝いするもの? | 初めての子育て  

端午の節句って?どのようにお祝いするもの?

スポンサードリンク


5月5日は「端午の節句」です。
端午の節句が近づいてくると、家の庭にこいのぼりが上がっているのを
目にしたり、兜を飾っているのを目にしたりしますよね。

しかし、最近では端午の節句の正しいお祝いの仕方を知っている
パパやママも少なくなってきているのではないでしょうか?

私自身、先日初めて息子の初節句を迎えました。
ですが、初めてのことだけに端午の節句のお祝いの仕方や
なぜ、端午の節句にお祝いをするのを知りませんでした。

何も知らずにお祝いをするより、正しいお祝いの仕方で
息子の初節句のお祝いをしようと端午の節句について調べました。

これから、初めて端午の節句を迎えるパパやママのために
端午の節句についてまとめてみました。

端午の節句ってなに?

「節句」とは、季節の節目にその季節の草花などを神様にお供えし
お供え物を家族でいただくことで邪気を払う行事だったのです。

日本には5つの節句があり行事としてお祝いされています。
5月5日の端午の節句は男の子の成長を願ってお祝いをするのです。

日本の5つの節句
・ 1月7日…人日
・ 3月3日…上巳
・ 5月5日…端午
・ 7月7日…七夕
・ 9月9日…重陽
端午の節句の他にこのような節句が存在します。

「端午」とは5月のはじめの午(うま)の日を指していましたが
「午」と「五」が同じ音なので5月5日が端午の節句になりました。

男の子の成長をお祝いする行事としては、江戸時代以降に
広がっていき、現代でも端午の節句に男の子の成長を祈って
お祝いをしているというわけです。

端午に節句について詳しく調べるまでは
節句って必要?と思っていたのですが、端午の節句の意味を知ったことで
子供の成長のためにもきちんとお祝いしてあげようと思いました。

知らないままでは、知識もそれほどないので
いいお祝いができないところでした。

きちんと端午の節句の意味を知ることで意味のあるお祝いができました。

端午の節句に食べるものは?

端午の節句には「柏餅」や「ちまき」をよく食べますよね?
実は、関東地方では柏餅を食べ関西地方では
ちまきをよく食べられているのです。

○ 柏餅
柏の葉は、新芽が出るまで葉が落ちないので
子孫繁栄の意味があります。
そのため縁起のよい食べ物として端午の節句にふさわしいと
食べられるようになりました。

○ ちまき
ちまきは昔、茅の葉で巻かれていたのです。
茅は繁殖力が強く、邪気を払う植物とされていたため
端午の節句でちまきが食べられるようになりました。
今は、茅の変わりに笹で包んでいりますがちまきを
食べる風習は残っています。

このような理由から端午に節句には柏餅やちまきを食べるのです。

私もちまきや柏餅を端午の節句で食べることは知っていましたが
なぜ食べるのかという理由は知りませんでした。

理由を知りなぜこのような食べ物がいいのかを知ったので
私も初節句の時には、柏餅とちまきを作って
家族で食べてお祝いをすることができました。

女の子の節句である桃の節句には、ちらし寿司やはまぐりの吸い物の
ようなご馳走を食べるイメーシですが、端午の節句は
柏餅やちまきであまりご馳走を食べるイメージってありませんよね?

縁起物として
・カツオ(勝男)とかけて
・ たけのこ(まっすぐ伸びる)
このようなものも端午の節句にオススメの食べ物ですよ。

スポンサードリンク


端午の節句にはなにを飾る?

端午の節句といえばこいのぼりや兜を飾るイメージですよね。
室内に飾るものとしては、兜や五月人形を飾ります。
外飾りとしてこいのぼりを飾るのです。

このような飾りですが、誰が用意したらいいかも気になりますよね?

昔は母方の祖父母が準備をするという習慣がありました。
今では誰が用意するというこだわりはなく、両家で折半したり
家ごとに決めるようです。

私たちは大きく立派な飾りは家に飾るスペースを確保できないことと
そのうち飾らなくなるという理由から、家に飾れるちょっとした
飾りを準備し飾りましたよ。

このように今は一軒家に住んでいる人ばかりではなく
賃貸住宅に住んでいる家庭も多く立派な飾りは飾るスペースが
ないという理由から家に飾れるような小さな飾りを
準備し飾るという家庭も増えてきているようです。

飾りを出すタイミングとしては、春のお彼岸が過ぎたら
飾ってよいとされています。
片付ける時期に関しては、女の子の雛人形のように決まりはないですよ。
ですが、梅雨入り前までには片付ける家庭が多いようです。

飾る時期について注意があり、端午の節句の前日に飾るのは
縁起が悪いと言われています。
一夜飾りを避け、前もって飾るようにしましょうね。

私は4月に入った頃に飾りを出したので1ヶ月ほどは
飾りを飾っていました。

まとめ

端午の節句は男の子の成長をお祝いするものなのです。
何も知らずにお祝いをすると、意味のないお祝いになって
しまうところでした。

前もって端午の節句について調べておくと正しいお祝いができ
お祝いにもちゃんとした意味が出てきますよね。

せっかく我が子の節句のお祝いをするのですから
正しい知識を持ってお祝いするといいでしょう。

ちまきや柏餅を用意し、ぜひ家族で一緒に食べながら
お祝いしてみてくださいね。


育児日記ランキング ブログランキングに参加しております。
よろしければポチっとお願いします!

このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 新米ママ育児へ
にほんブログ村

Follow me!

スポンサードリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。