vvv 1歳の子供が喜ぶ絵本って何? それは「しかけ絵本」です | 初めての子育て  

1歳の子供が喜ぶ絵本って何? それは「しかけ絵本」です

スポンサードリンク


子供を育てていると、絵本を読んでほしいと
催促されることってよくありますよね。

私も今1歳になる子供がいますが
毎日絵本の読み聞かせをしています。

1歳の子供が喜ぶ絵本ってどんな絵本だろう…

できることなら喜んでくれる絵本を読んで
あげたいなと思うことでしょう。

この記事では1歳の子供におすすめの絵本を紹介します。

1歳の子供におすすめの絵本を紹介!

私が毎日子供に絵本の読み聞かせをしていて
この本は子供がとっても喜んで見てくれたという本を
今回は何冊か紹介していきます。

どんな本を読んだらいいのかわからないママ
どんな本を読んでも子供がまったく興味を示してくれないと
悩んでいるママ

こんな人はぜひ参考にしてきてくださいね!

《ぶぅさんのブー》
作者 100%ORANGE(及川賢治、竹内繭子)

この絵本は地域からの出産のお祝いでいただきました。
選んでくれたのが、元保育園の園長先生をされていた方なのですが
子供のツボをかなりおさえた絵本です。

イラストは子供の目を引く、原色カラーでとても鮮やかです。

ぶたの子供のイラストに合わせ読み手が

「ブー」

という言葉で表現していく絵本なのですが
1歳の我が子はブーに合わせて、大笑いをしたり真似をしようとします。

小さい頃から読んでいる絵本なのですが
小さい頃はカラフルなイラストに目を惹かれているだけだったのが
とても喜んで見るようになりました。

本も分厚い作りの本なので、破ったりぐちゃぐちゃにしたり
そんな心配をしなくても安心して子供の手の届くところに
置いておける1冊です。

スポンサードリンク


1歳の子供にはしかけ絵本が人気!?

ここからはしかけ絵本の紹介をします。

最近我が子はイラストのみのえほんよりなにか
少しでもしかけがある絵本のほうを好んでよく見ています。

《さわってベビーダヤン》
作者 いけだあきこ

子猫のダヤンのいろんな部分が絵ではなく
毛や布、テグスで作られているしかけ絵本です。

ベビーダヤンのあたま、あし、のど、肉球、ひげなど
いろんな部分を触ることができます。

「ここをなでなでしてあげて」

と教えてあげるとさわさわと触ってとても笑顔になりました。

毛を引っ張ることもあるけど
しっかりとした作りの絵本なので子供が触ってもいい絵本棚に
置いて自由に触って楽しめるようにしてあります。

《おいしいな!》
《だーれだだれだ!》
作者 きむらゆういち 絵 せべまさゆき

きむらゆういちさんのパッチン絵本シリーズです。

絵本がパッチンとスライドして開くことができるように
なっているしかけ絵本です。

パッチンと開きながら動物がもぐもぐしたり
物の中にかくれんぼしている動物が出てきます。

まだかくれんぼが理解できていない我が子には
おいしいな!の動物が単純にもぐもぐするというほうが
ツボにはまっているようでお気に入りになっています。

簡単にスライドできるのですが
子供が一人ですようとすると、折れ曲がってしまったり
破けてしまったりするので大人と一緒に楽しんだ方がでしょう。

図書館などで借りるときは、注意が必要です。

《のりものいろいろかくれんぼ》
《むしいろいろかくれんぼ》
作者 いしかわこうじ

色の中にむしやのりものが隠れています。
隣のページが型抜きされていて、ページをめくると
答え合わせかできるようになっています。

クイズ形式なのでまだ1歳の我が子は答えたりという
やりとりはできませんが、型抜きされているページを何度も
めくってみたり指で形をなぞろうとしてみたり刺激があるようです。

のりものやむしなので男の子は喜ぶ絵本ですよ。

《ちっちゃなうさちゃんおねんねよ》
作者 A・ベイカー 絵まつかわまゆみ

この絵本も手でさわって楽しめる絵本になっています。

寝る前までに何をするのかな?

というお話で寝る前までにすることをうさちゃんが
順番にしていきます。

ごはんを食べるときの、トーストとはちみつ
お風呂に入るときのスポンジやあひる、タオルなどが
いろんな素材で作られていてさわって楽しめる絵本です。

我が子は絵本の紙とな違う質感なので不思議そうに触りながら
確かめて遊んでいます。

このように1歳の子供には、しかけ絵本など視覚だけでなく
実際に手でさわって楽しめる本が楽しいのです。

イラストだけの絵本の場合は、原色系の鮮やかなイラストの
絵本のほうが子供の目を引きつけてくれるのでよく見てくれますよ。

まだ物語を読んでもらって理解できる年齢ではないので
この時期の子供にはしかけ絵本のほうが楽しみながら
読み聞かせができますよ。

どんな絵本を読んでもダメという場合は
まずしかけ絵本で絵本に親しみをもつところから
はじめてみるといいでしょう。

まとめ

私も毎日子供に絵本の読み聞かせをしていますが
だんだんと絵を見るだけでは物足りなくなったようで
絵本を読んでも、途中で飽きてしまうことがよくありました。

そんなときしかけ絵本を試してみると
とても喜んで再び絵本をよく見るようになってきれました。

親子で絵本を楽しむ時間を持ちたいなと思っているけど
うまくいかないな〜と悩んでいるなら
一度しかけ絵本や鮮やかな色使いの絵本を読んでみてくださいね。


育児日記ランキング ブログランキングに参加しております。
よろしければポチっとお願いします!

このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 新米ママ育児へ
にほんブログ村

Follow me!

スポンサードリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。