vvv 厄介なママ友トラブル 上手に回避する方法ってあるの? | 初めての子育て  

厄介なママ友トラブル 上手に回避する方法ってあるの?

スポンサードリンク


新しい年度になると周りの人間関係も変わってきますよね。
特に子供が幼稚園や学校へ進んだ時に悩むのが「ママ友」の存在です。
周りの親とはうまくやっていきたいとは思っても、知らず知らずのうち
にママ友トラブルに巻き込まれてしまった、なんてことも少なくありません。

ではどうすればそんな厄介なママ友トラブルから逃れられるのでしょうか。
ママ友トラブルに陥らないための他の親との付き合い方についてまとめて
いきます。

〇程よい距離感を保つ

ママ友トラブルの中でも一番多いのが、親しくなりすぎたが故のトラブルです。
話のあうお母さん、趣味や価値観の似ているお母さんとは親しくなりやすいです
し、仲良くできるのは誰だってうれしいものですよね。

しかし、何年も付き合っていく中で徐々に深い関係を築いていくのならまだしも、
いきなり近づきすぎるのは少し考えものです。

最初は「この人となら仲良くできそう」と思っても、付き合っていくうちにだん
だんと価値観のズレが見えてきたりするものです。

その時にあまりにも親しくしすぎていると、逆に距離を起きづらくなってしまっ
たり、子供や家族を巻き込んだ騒動になりかねません。

また親同士は仲良くできていたのに、子供同士に問題があって関係がぎくしゃく
してしまう、なんてこともあります。

他にも仲良くなって相手に依存しすぎると、その人が他の人と遊びに行っただけ
で不満を持ったりやきもちを焼いてだんだん関係がこじれてしまうこともあります。

どれだけ気の合いそうな人だと思っても、最初は踏み込みすぎずに適度な距離を保
って接しましょう。

また向こうからぐいぐい来る人も要注意です。
特に家庭のことや旦那さんのことを根掘り葉掘り聞くような人は、適当にあしらっ
て距離をおいたほうがいいでしょう。

〇LINEの返信は当たり障りなく

スマホ時代になってから、親同士がLINEでつながるのが当然の時代になってき
ました。

幼稚園や小学校のクラスで、親同士のLINEのグループを作って情報交換をした
りするのもよく見られる光景です。

このLINEグループは便利な反面、トラブルが起きやすいのもまた事実です。
メールやLINEは文字だけのやり取りなので誤解がうまれやすく、また「返信が
ない」ということで色々と陰口をたたかれたりする人もいるようです。

他にも仲の良い人たちだけで盛り上がって、関係ない人たちにはLINEの通知が
うるさいということもあります。

とりあえずこのLINEはママ友と会話する場ではなく「情報交換の場」だと割り
切り、自分に関係することだけ丁寧に返信しておけばいいでしょう。

またしょっちゅう通知が来て面倒だという人は、通知をOFF設定にしておくこと
をおすすめします。

そんなことをしたら返信が遅れる、と思うかもしれませんが、一日に一回必ずLI
NEの確認をするようにしておけば大丈夫です。

返信が遅れたところで当日中であればそれほど非難をうけることはありません。
返信する時に「遅れて申し訳ありません」と添えておけばいいでしょう。

スポンサードリンク


〇悪口を言わない、同調しない

他のママ友の悪口を言わないことは当然のことですが、周りで誰かの愚痴を聞いた
としても下手に同調するのはやめましょう。

「Aさんっていつも公園とかで子供のこと見てないよね」なんて誰かが言った時に
「ほんと、そうだよねー」なんて軽く同調してしまったとします。

するとその話がこじれて伝わり「〇〇さんがAさんのことこんな風に言ってたわよ」
などと、まるであなたが率先して悪口を言っていたかのように噂が流れてしまうこと
があります。

そんなトラブルを避けるためにも、誰かがママ友の悪口を言っていたとしてもうなず
いたりせずに「へー、そうなんだー」くらいに軽く流しておきましょう。

またそうやって悪口ばかり言うような人とは徐々に付き合いをなくしていくようにし
たほうがいいでしょう。

〇毅然とした態度で

色々と気を付けていたところで相手のほうから突っかかってきたり、いわれのない非
難をあびたりするようなこともあります。

そういう時はどうしようとオロオロするのではなく、毅然とした態度で自分の主張を
伝えましょう。

その時は決して感情的にならず筋道をたてて冷静に話をすれば、周りの人たちにはあ
なたが悪くないということをわかってもらえるでしょう。

「ママ友だから」と遠慮していると、どんどんトラブルは大きくなっていきます。
そういうトラブルを運ぶ人はすでに「友」ではありません。
すっぱりと関係を断ち切ってしまう覚悟も備えておきましょう。

自分だけの問題ではなく、子供も関わってくるため関係が難しいのがママ友です。
子供が仲間はずれにされたらどうしよう、と不安になる気持ちもわかります。

しかし親同士の問題でお母さんがいつも暗い顔をしていたりイライラしているほうが
子供にとっては悪影響です。

また幼稚園や学校での主役はあくまでも子供です。
母親はそのサポート役として、いい距離感で他のお母さんたちと付き合うようにしま
しょう。


育児日記ランキング ブログランキングに参加しております。
よろしければポチっとお願いします!

このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 新米ママ育児へ
にほんブログ村

Follow me!

スポンサードリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。