vvv 【重要】学資保険と児童手当について考えていますか? | 初めての子育て  

【重要】学資保険と児童手当について考えていますか?

スポンサードリンク


妊娠中、私は子供が生まれてきてくれることに
夢ばかりを描いていました。

しかし、生まれて間もなくして現実に引き戻された出来事が
あったので今日はその話をみなさんにお伝えします。

それは、子供の教育費についてのお話です。

子供を育てていく上で必要なお金をどのように貯めていくのか
きちんと考えていますか?

方法としては
・ 貯金
・ 学資保険
という方法でみなさんお金を貯めていくことでしょう。

この記事では、貯金や学資保険についてのお話をしていきます。

学資保険と貯金って実際どっちがいいの?

みなさんは子供のための教育費どのような方法で貯めていますか?

子供を育て上げるには約1000万円ものお金がかかると
いう話はよく聞きますよね。

そんな莫大なお金が必要だなんて…
しっかりお金を貯めておかないと子供の進みたい進路へも
進ませてあげることができないようになると思うと
しっかりお金は貯めておきたいと親としては考えますよね。

そこで考えるのは貯金をコツコツしていくのか
または学資保険を使うということでしょう。

周りの人から話を聞くと今の時代学資保険に入っていても
掛け金から大幅に増えることはないからオススメしないよ。
なんてよく言われました。

学資保険の加入について悩んでいたので
いつもお世話になっている保険の外交員の方にこのことを
相談してみることにしました。

学資保険のメリット

・ 貯金に比べると多少ですが利率いい
満期になった時点で返ってくるお金が掛け金より少し多く
なっている。

・ 簡単に引き下ろせない
満期まではお金を引き下ろすことができないので
確実にお金を貯めることができる。

大きなメリットはこの2点です!

保険の外交員さんの話では昔に比べ利率は下がっているそうで
今現在は学資保険に入るメリットはあまりないということでした。

学資保険に入るより毎月確実に貯金をしていくほうが
今はいいというお話をしてくれました。

なぜなら、入園や入学など度々まとまったお金が必要になって
きますよね。

学資保険は必要なときにお金を引き出すことができませんが
貯金にしておくと必要なときに引き出すことができます。

なので、貯金にしておくと度々やってくる
入園や入学に備えることができるというわけなのです。

しかし、貯金をすることのデメリットは
簡単にお金を引き出せてしまうところですよね。

簡単に引き出せてしまうので、必要なときに使っていると
なかなかお金が貯まらないということになってしまいます。

貯金の苦手な人は学資保険に加入しておくことがおすすめです!

お金が1番必要になるのは高校卒業のときではないでしょうか。

大学や専門学校に入学したり、社会人になり新生活を始めたり
必要なものを揃える必要があり莫大なお金がかかります。

私はその時期に満期になる学資保険に加入しておくことにしました。

ですが、度々子供に必要なお金は出てくるので
学資保険だけでは不安だな〜と思ったので
学資保険とは別に貯金もしていくことにしています。

こうすることで学資保険が満期前にやってくる入園や入学にも
備えられるようにしておきました。

貯金が得意か不得意かで学資保険に加入するのか
自分で貯金を確実にしておくのか考えてみるといいのではないでしょうか。

スポンサードリンク


学資保険に入らなくても確実にお金を貯める
方法を伝授!

学資保険は利率も下がっているので学資保険に入ることにメリットが
感じられないという人も多いことでしょう。

そんなとき学資保険の代わりになるものが実はあるんです!
それは「児童手当」です!

児童手当は15歳までの子供がいる家庭に支給されますよね。

3歳までは15,000円(一律)
3〜小学校修了まで10,000円(第三子以降15,000円)
中学生10,000円(一律)が支給されるようになっています。

これを全て貯金にまわす方法です!

そうすることで、15歳までに198万円貯金することが
できる計算になるんです。

学資保険の代わりに児童手当を絶対に手をつけない貯金として
貯めていくという方法がおすすめです。

これなら貯金が苦手な人でも貯めやすいですよね。
ぜひ試してみてくださいね。

私は学資保険とは別に児童手当やお祝いでいただいたお金
ボーナスの月にはこの貯金に貯めていくことに決めています。

ルールを作って貯めていくとみるみるうちに貯まっていくものです。

私も貯金って実は苦手なので、ルールを作って貯めることにしました。

・ 必要なときが来たとき以外は使わない

たったこれだけのルールです。

子供の将来のためにできるだけ多くのお金を貯めておいたほうが
いいのでぜひためしてみてくださいね。

まとめ

私は貯金もそれほど得意でないことから
学資保険と貯金のどちらも使い子供の教育費を貯めています。

度々必要なことも出てくるようになると思うので
手元にもやはり引き出せるお金はあったほうがいいと思うので
このような方法で子供の将来に備えています。

貯金が苦手な方!ぜひ参考にしてみてくださいね。


育児日記ランキング ブログランキングに参加しております。
よろしければポチっとお願いします!

このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 新米ママ育児へ
にほんブログ村

Follow me!

スポンサードリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。