vvv 0歳から始められるベビースイミングのメリットとデメリット | 初めての子育て  

0歳から始められるベビースイミングのメリットとデメリット

スポンサードリンク


赤ちゃんにやらせたい人気の習い事のひとつに
スイミングがあります。

しかしいざ習わせようと思っても、どんなことをしているのか
まったくわからないと不安になってしまいますよね。

そこでこの記事でベビースイミングとはどんなものなのか、
メリットやデメリットなどについてまとめていきます。

ベビースイミングとは?

0歳から3歳未満の赤ちゃんに対して行われるスイミング
レッスンのことをベビースイミングと言います。

たいていは腰もしっかりとすわる生後6か月から習い始めることが
できますが、スクールによっては3~4か月頃から始められる
ところもあるようです。

スイミングとは言っても赤ちゃんのうちから泳げるようにするわけ
ではなく、まずは水に慣れ親しんで楽しく遊ぶことを目的としています。

まずはお母さんやお父さんに抱っこされながら水に入り、水への恐怖心
や抵抗感をなくしていきます。

行う内容はスクールによっても様々ですが、たいてい最初のうちは
抱っこしたまま赤ちゃんを水の中で上げ下げしたり、水にぷかぷか
浮かばせたり、ボールやおもちゃで遊んだりということをしながら
徐々に水に慣れさせていきます。

1歳をすぎる頃になれば、だんだんと水中にもぐることも覚えさせて
いきます。

とにかく幼児クラスの「泳ぐ」を目的としたものとはまったく違うので、
小さいうちからすぐに泳げるようになる、というわけではないので誤解
しないようにしましょう。

ベビースイミングのメリット

では、ベビースイミングにはどんなメリットがあるのでしょうか。
順に見ていきましょう。

・水への恐怖心がなくなる

赤ちゃんはお風呂で頭から水をかけたりすると怖がって泣いてしまったり、
小学生くらいの子でも怖くて水に顔をつけられないという子もいます。

水への恐怖心が克服されないまま育ってしまうと、お風呂のたびに泣かれて
しまったり、大きくなってからプールの時間に苦労したりしてしまうことも
あります。

しかしベビースイミングをしていると「水は楽しい」ということを全身で感
じることができるので、水への恐怖心がなくなります。

最初は泣いていたとしても、顔に水をかけられても徐々に怖がらなくなって
いきます。

そうするとお風呂で頭からお湯をかけても大丈夫になるし、後々プールの
授業で水を怖がってもぐれない、といったこともなくなります。

・楽しく全身運動ができる

ベビースイミングはそれほど長い時間水の中にいるわけではありませんが、
たとえ数十分の間でも水の中で活動するということは、赤ちゃんにとっては
相当の運動量です。

昼間に思いっきり体を動かすことで昼夜の体のリズムもつきやすくなり、
昼寝や夜の睡眠もぐっすりととれるようになります。

また全身に様々な刺激を受けるので、脳の発達にも一役かってくれます。
同時に心肺機能も強くなるため、体が丈夫になったり肺の発達により発語が
しやすくなり言語能力も発達しやすいと言われています。

・親子でスキンシップの時間をとれる

普段の生活の中ではそこまで赤ちゃんにかかりきりになれなくても、スイミング
の間だけは常に赤ちゃんと一緒に活動することになります。

水の中で赤ちゃんを見守りながらの活動なので、他の習い事よりも赤ちゃん
と触れ合う時間はずっと長くなります。

それだけ親子のスキンシップの時間も長くなり、赤ちゃんも精神的に安定します。

スポンサードリンク


ベビースイミングのデメリット

続いてデメリットにはどんなものがあげられるか見ていきましょう。

・感染症にかかるリスクがあがる

普段陸上で生活をしているより、水を介して感染症にかかるリスクがあがります。
特に赤ちゃんは抵抗力が弱いので、病気にもかかりやすくなります。

そのため、少しでも具合が悪そうな時は無理をして泳がせたりしないことや、
プールからあがったらしっかりと目や口などの粘膜も洗ってあげることが大事に
なってきます。

また、プールの後は目ヤニが出たり熱や湿疹が出たりしていないかなど、いつも
よりも注意深く子供の様子を観察しましょう。

またプールは消毒のために大量の塩素が入っているので、肌の弱い赤ちゃんは肌
が荒れてしまうことがあります。

プールの後は体をよく流し、すぐに保湿してあげるようにしましょう。
体の冷えにも気を付け、すぐに体を拭いてあたたかくしてあげることも大事です。

・親の負担も大きくなる

ベビースイミングは親も必ず一緒に泳がなければならないため、幼児クラスなどの
ようにそばでのんびり見学していればいい、というわけにはいきません。

親も毎回水着に着替えなければならないし、子供と一緒に活動するのでかなり体力
も使います。

もちろん子供と一緒に運動不足を解消できるというメリットにもなりますが、他の
習い事よりも親の負担はかなり増えます。

女の人の場合、水着になるにはお肌のお手入れなどもしなければならないでしょうし、
荷物もかなり多くなります。

それなりの手間がかかることは覚悟しておきましょう。

ベビースイミングは赤ちゃんが自然に水に慣れ親しむことができるように、各スクールで
様々な工夫をこらした手法がとられています。

もし身近に複数のスイミングがあったら、まずは無料体験などを利用してそれぞれの
スクールを見学することをおすすめします。

そこでスクールの雰囲気や活動内容、インストラクターの人柄などをチェックし、
自分や子供にあったスクールをじっくりと探してみましょう。


育児日記ランキング ブログランキングに参加しております。
よろしければポチっとお願いします!

このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 新米ママ育児へ
にほんブログ村

Follow me!

スポンサードリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。