vvv 【悩めるママ必見】漢字が苦手な小学生 どう教えればいい? | 初めての子育て  

【悩めるママ必見】漢字が苦手な小学生 どう教えればいい?

スポンサードリンク


小学校に入ると漢字の勉強が始まります。
中には漢字がどうしても苦手だという子も出てくるでしょう。

しかし漢字ができるようになればそれだけで国語の点数が
ぐんとあがります。

では漢字が苦手な子供にはどのようにして漢字を教えていけば
いいのでしょうか。
この記事では小学生への漢字の教え方をまとめてみました。

漢字の練習はまず読み方から

漢字を練習しようと思っていても、まず読めないことには何も
始まりません。

読めない漢字をひたすら書き写して練習したところで、それは
ただ単に記号をなぞっているだけであって頭の中には残りません。

学校で新しく漢字を習ってきたら、まずはどの程度読めているか
を確認しましょう。

読めない漢字があったら、その文字にチェックをつけます。
その際バツをつけてしまうと子供は嫌がったりたくさんのバツに
やる気を失ってしまったりするので、ハートでも星印でもにこに
こマークでもなんでもいいので、子供があまり嫌がらない印をつ
けてあげましょう。

読めない漢字があったら一緒に読み方を確認し、読めなかった漢字
だけ抜粋してもう一度読ませてみます。

そこでもしまた読めない漢字があればまたそれにチェックをつけ、と
全部読めるようになるまで繰り返します。

読めない漢字があった場合には読み方と同時にその漢字の意味も教え
てあげてください。

そして意味も理解し読み方もわかったら、最後に子供にその漢字を使
った例文を作ってもらいます。

例えば「新」という漢字だったら「新しいゲームがほしい」「新かん
せんにのった」というように、音読みと訓読み両方使った例文を作らせます。
そうすると頭でその読みの記憶が定着しやすくなります。

わからない漢字だけ集中的に

読み方がわかったら次は書き取りです。
学校では習った漢字をひたすら書かせるという苦行のような宿題がでますが、
単純に同じ文字をいくつも書き続けたところであまり記憶には残りません。

その上退屈な作業のためやる気も起こらず、だらだらと時間ばかりが過ぎて
いくという不効率な勉強法になってしまいます。

ただ宿題は宿題としてやらなければならないでしょうが、成績をあげたい
ために親が教える時はこういったやり方とは別の方法を試してみましょう。

まずは書けない漢字のチェックですが、これは読めない漢字のチェックと
やり方は一緒です。

書けない漢字がわかったら、まずはやはりその漢字の意味を理解している
か確認します。

その漢字がどういう意味がわかっていなければ記憶に残りません。
意味がわかっていたら、まずは親が紙に大きくその漢字を書いてあげます。
その際ハネ、トメなどは正確に書きましょう。

教科書や辞書で漢字を見ようとすると、特に小さい子供の場合はそのまま
忠実に再現して書こうとします。

そうするとゴシック体や明朝体など文体の違いで、線のくっつくところ、
離れるところなどが本によって変わってきたりします。

また親が「ここは離していいんだよ」と言っても「だって教科書ではくっ
ついてるよ!」なんて言われることもあります。

もちろん細かいことを気にしない子もいるでしょうが、細部にまでこだ
わる子供は教科書などの文字を真似しすぎて逆におかしな漢字になって
しまうことがあります。

そのため、親がきれいに書いた漢字を見せてあげて、どうやって書けば
いいのかお手本を示してあげましょう。

別に字がきれい、汚いは関係ありません。
あくまで「丁寧に、正確に」書けていればそれで大丈夫です。

何回か書いてみてまた書けない漢字チェックをしてみます。
そうやっていくと、特にこの漢字が苦手、という漢字が出てきます。

どうしても覚えらえないものは漢字をパズルのようにして覚えさせて
あげましょう。

誰でも一度はやったことのある記憶法かもしれませんが、一番わかり
やすい例でいけば「女」を「くノ一」と読ませるという手法ですね。

子供が自分で勝手にわかりやすいように組み立ててもいいですし、
親が「こうやって覚えてごらん」と提案してあげてもいいでしょう。

難しい漢字は親子でどうやって覚えればいいのか相談してもいいですね。
そうやって試行錯誤して覚えた漢字というのは記憶に残りやすくなります。

スポンサードリンク


最後は熟語で仕上げを

漢字はその漢字だけ覚えても、熟語として色々な使い方を学ばないと活用
できません。

そのために、漢字が書けるようになったら次はその漢字を使った熟語を覚え
てみましょう。
これは親子でゲームのようにして勉強すると楽しく覚えることができます。

まず、一番初めに使う漢字を決めます。
例えば「子」という漢字にしたならば、その「子」につながる漢字を考えて
熟語を作ります。

「子」 に「供」をつけたなら、子→供というふうに「子供」という熟語が
作れました。

次の人は「〇子」という熟語か「供〇」という熟語を考えます。

では「様」という漢字をつけて「様→子」で「様子」という熟語を作ったと
します。

すると紙には「様→子→供」というように書かれていることになりますね。
このように前でも後ろでも上でも下でもいいので、矢印を足してどんどんと
熟語を作っていきます。

順番に書かなくても思いついたらすぐに書いてもいいという早い者勝ちルール
にして、どちらがより多く書けたか競っても楽しいですね。

この熟語ゲームの時は習っていない漢字を使おうが辞書で調べようが、なんで
もありでやってください。
そのほうが子供の知識も広がります。

漢字の勉強、と聞くとどうしても面倒だと思ってしまいがちですよね。
しかしどんな勉強でもやり方ひとつで結果はまったく違ってきます。

ダラダラと同じ漢字を何回も書かせるよりも、親子で楽しんで漢字を覚えて
いってみてください。

そうすれば漢字が苦手だった子供も、今よりずっと漢字が好きになることでしょう。


育児日記ランキング ブログランキングに参加しております。
よろしければポチっとお願いします!

このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 新米ママ育児へ
にほんブログ村

Follow me!

スポンサードリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。