vvv 幼稚園を嫌がる子への4つ対処法と3つのNG行為 | 初めての子育て  

幼稚園を嫌がる子への4つ対処法と3つのNG行為

スポンサードリンク


子供が幼稚園へと入ると「やれやれ、これでようやく少し
時間ができる」とほっと一息つけるお母さんも多いのでは
ないでしょうか。

しかしすべての子供がにこにこと「行ってきまーす!」と
幼稚園へ行くわけではありません。

中には泣き出してしまったり、一向にお母さんから離れよ
うとしない子供もいます。

子供に泣かれてしまうと朝から準備も大変だし、精神的に
もちょっと参ってしまいますよね。

この記事では、そんな幼稚園を嫌がる子供にはどう対応す
ればいいか、また逆にしてはいけないことなどをまとめて
いきます。

幼稚園を嫌がる子供へしてはいけないこと

まず初めに、これをしてしまうと逆効果!という行為に
ついて見ていきましょう。

・いつまでも頑張って言い聞かせようとする

よく見かける光景が、幼稚園の正門前で泣きわめく子供を
抱っこしながら「大丈夫だよ、幼稚園楽しいからね」
「またお母さん迎えにくるからねー」となんとか泣き止ま
せようと頑張っているお母さんの姿です。

こういうお母さんはきっととても子供思いの優しいお母さん
なのでしょう。

どうにかして子供を楽しく送り出したいのだと思いますが、
この行為は実は子供にとっては逆効果です。

子供はお母さんがそこにいる限り助けを求めて泣き続けます。
お母さんの姿があるうちは絶対に離れたくなくて泣き止むこ
とはありません。

・幼稚園を休ませる

あまりにも「幼稚園嫌だー!」と泣かれるとかわいそうになって、
今日くらいは休ませてもいいか、という気持ちになってしまうこ
ともあります。

しかし、病気や用事がない限りは休ませずに登園させたほうが
いいでしょう。

子供はとても賢いので、一度幼稚園を休んでしまうと「泣けば
幼稚園に行かなくてすむんだ」と学習してしまいます。

そうすると次の日もその次の日も泣いて幼稚園を休もうとします。
これではいつまでたっても幼稚園に慣れることができません。

・怒って幼稚園に行かせる

上のふたつとは逆に、幼稚園に行かないことを怒るのもまた逆
効果です。

子供としてはお母さんと一緒にいたいだけなのに怒られ、さら
に行きたくない幼稚園にまで無理やり行かされて嫌な気持ちし
か残りません。

もしかすると怒られるのが嫌で渋々幼稚園に行くようにはなる
かもしれません。

しかしそれで幼稚園に行くようになったとしても、子供にとっ
て幼稚園はすでに嫌な記憶の対象でしかありません。

これでは幼稚園を好きになることはできません。
そればかりか、怒られてばかりいることで親に不信感を抱いて
しまうことにもなりかねません。

怒って恐怖で言うことを聞かせようとすることは絶対にやめま
しょう。

スポンサードリンク


幼稚園を嫌がる子にできること

それでは幼稚園を嫌がって泣く子には具体的にどうすればいいか、
その対処法を見ていきましょう。

・笑顔で素早く去る

子供が泣いていることでお母さんまで悲しそうな顔や不安そうな
顔をしてしまうと、子供はさらに幼稚園へ行くことが不安になっ
てしまいます。

忙しい時にぎゃあぎゃあ泣かれるとため息のひとつもついてしま
いたくなりますが、なんとか笑顔で乗り切りましょう。

泣いている子供には「そうかそうか、嫌なんだね。でも優しい先生
が待ってるよー」などと声をかけながら、幼稚園やバス停についた
らササっと先生に引き渡しましょう。

そこでいつまでも抱っこしたりせずに無理やりにでも引き離し、
あとは笑顔で「バイバーイ!言ってらっしゃーい!」と笑顔で
手を振ってあげましょう。

「ママー!」と手を伸ばして泣き叫ぶ子を見ると胸が痛みますが、
これも最初のうちだけです。

すぐに幼稚園に慣れて楽しく通えるようになるので、あまり心配
せずに先生たちにドーンとお任せしてしまいましょう。

・幼稚園ごっこをする

幼稚園が嫌な子には家で幼稚園ごっこをして楽しんでみましょう。
親が先生役でも子供が先生役でもどちらでもいいのですが、
とにかく「幼稚園は楽しいんだ」ということを子供の心に刷り込
んであげましょう。

そして「明日も幼稚園楽しみだねー」と子供と話すことで、子供
にもだんだん幼稚園を楽しみに待つ心が芽生えてきます。

・子供に特別感を持たせる

特にバス通園の子に使える手ですが、子供に「いいなー、〇〇ちゃん
は幼稚園のバスに乗れて。ママも乗りたいな~」というように思いっ
きり羨ましがってあげてください。

そうすると「そんなに乗りたいならママも一緒に行こうよ」とか
「別に乗りたくないもん」とか言ってくるでしょう。

そうしたら「園バスはね、ママ乗っちゃいけないんだって。〇〇
ちゃんは特別なんだって!いいなーいいなー」と、「あなたは特別!」
ということを強調してあげましょう。

子供は「自分だけ特別」ということにとても優越感を抱きます。
そんな子供心を上手にくすぐってあげましょう。

・なんでもとにかく誉める!

朝起きられたら「早起きできたね、すごい!」、ご飯を食べたら
「ご飯しっかり食べられたね、偉い!」、着替えができたら「お
着替えできたね、上手!」、靴が履けたら「自分で履けたね、
やったあ!」というように、とにかく誉め殺しでいってみましょう。

乗せられやすい子ならこれでいい気分になってにこにこと登園する
ことができます。

色々と対処法はありますが、どんなことを試したとしても幼稚園を
嫌がって泣く子は泣きます。

私の知り合いの子は年少さんの3学期頃になってやっと慣れた、
なんて子もいました。

でもどれだけ泣いていた子も、運動会では元気に走って、学芸会
ではしっかりと歌を歌って、みんな立派に卒園していっています。

最初の数週間、または数か月は親も子もつらい時期が続くことも
ありますが、それがずっと続くことはありません。

子供が泣いてばかりでもあまり心配することなく、笑顔でお見送
りしてあげましょう。


育児日記ランキング ブログランキングに参加しております。
よろしければポチっとお願いします!

このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 新米ママ育児へ
にほんブログ村

Follow me!

スポンサードリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。