vvv やっぱり楽しい絵本がいい! ついつい笑っちゃう絵本5選 | 初めての子育て  

やっぱり楽しい絵本がいい! ついつい笑っちゃう絵本5選

スポンサードリンク


小さい子供に絵本を読み聞かせるとき、どんな絵本を
選んでいますか?

子供が好きそうな絵本を選んであげている人が大半で
しょうが、なんとなく教育によさそうな絵本を無意識
のうちに選んでいることはないでしょうか。

もちろんそういった絵本を読むことも大切です。
絵本から社会のルールや人に優しくすることの大切さ、
最後までがんばりぬくことの意味など、様々なことを
教えてもらえます。

でもたまには肩の力が抜けるような、ただただ笑って
しまう絵本を読んであげることも必要です。

大人だって堅苦しい本ばかりよりは、漫画や娯楽小説
など楽しいものが読みたい時もありますよね。

そこでこの記事では、実際子供たちに読み聞かせて大
笑いだった絵本をいくつか紹介していきます。

ノラネコぐんだんシリーズ(著:工藤ノリコ)

先日100万部を突破した人気シリーズです。
保育園や幼稚園にも置いてあることが多いので、
ご存知の方も多いのではないでしょうか。

「ノラネコぐんだん パンこうじょう」から始まって
「ノラネコぐんだん おばけのやま」まで絵本は7冊
出ています。

主な登場人物は犬のワンワンちゃんと8匹のノラネコ
ぐんだん。

このノラネコぐんだんが絵本の世界では珍しいちょい
悪な主人公です。

たいていワンワンちゃんのお店のものを勝手に食べた
りいたずらしたりしてトラブルに巻き込まれ、最後に
はワンワンちゃんに説教をされて終わるという作りに
なっています。

この絵本の見どころは、毎回必ず起こる「どっかーん!」
という爆発と、最後に正座をしながら説教をされるノラ
ネコぐんだんの姿です。

子供たちはこのパターンを覚えているので爆発シーン
と説教シーンがくると「やっぱりまた怒られた!」と
大笑いします。

文字数も少なくほぼ登場人物のセリフだけなので、
どちらかと言うと漫画のようなテイストになって
います。

その分小さな子供たちでも読みやすく、飽きるこ
となく何度でも読める絵本です。

おでんしゃ(著:塚本やすし)

この絵本はおでんの具材が電車になり、日本を縦
断するというお話です。

沖縄から始まり東海道を通って北海道にたどりつ
きます。

そして通過した県で食べられるおでんの具材が次
々に連結していきます。

この絵本の笑えるポイントはなんといっても大阪
で連結予定だった「ぎゅうすじさん」です。

それまで様々な具材がスムーズに連結していくので、
当然ぎゅうすじさんもそのまま連結するのかと思っ
たら、次のページでまさかの失敗!

しかも絵がダイナミックでとてもインパクトのある
失敗シーンになっています。

またぎゅうすじさんが大阪弁で「なにやっとんねん!」
などと文句を言うのもまた笑えるポイント。

ぎゅうすじさんは再度チャレンジしますがそれも失敗し、
結局連結できずに一人別ルートで北海道までたどり着く
というお話になっています。

連結に失敗した後はおでんしゃとは別に一人で走る
ぎゅうすじさんの姿があちこちに描かれているので、
子供と一緒に楽しみながらぎゅうすじさんを探して
みてください。

どすこいすしずもう(著:アンマサコ)

題名からもわかるように、この絵本は様々なおすし
たちが力士となって相撲をとるお話です。

イカ、タコ、サーモン、いくらと、子供たちの大好
きなネタが力士となって次々土俵入りしてきます。

その相撲の試合も、タコの吸盤にくっついてイカが
ひっくり返ってしまったり、いくら軍艦のいくらが
こぼれ落ちて相手のサーモンが足を滑らせて転んだ
りと、なんともユニークな決まり手ばかり。

途中でうなぎとたまごが対戦をするのですが、どう
なるのかとページをめくると、なんと勢いあまって
チューしてしまうというまさかの展開。

ここで子供たちは大爆笑です。

最後のページには47都道府県すべての出身力士
たちが描かれており、自分の住んでいるところの
力士はなんなのか、他の県にはどんな力士がいる
のかなどが見られてとても楽しい絵本です。

スポンサードリンク


おすしのずかん(著:大森裕子 監修:藤原昌高)

こちらもおすしの絵本ですが、この絵本のおすしは
とにかくおいしそう!

見ているだけでお腹がすいてきてしまいます。
絵本を開くと可愛いペンギンさんたちがお出迎え。
まずはずらっと「あかいおすし」が並んでいます。

まぐろだけでもおおとろ、びんとろ、あぶりまぐろ、
づけまぐろと、本当に種類が豊富。
まさに「図鑑」です。

でも面白いのは次にページをめくった時です。

「なににしますか?」と聞いているペンギンさんたち
に子供たちが思い思いに「まぐろ!」「おおとろ!」
などと注文してページをめくると、そこには海で悠々
と泳いでいる魚たちの姿が。

そうです、ネタのもとになっている魚たちが泳いで
いるのです。

それをペンギンさんたちが「ちょっとまってくださ
いね。いまとってきますから」と頑張って魚を捕ま
えようとしている絵が描かれています。

「今からとるの!?」のここで笑いがおきます。
そして「しろいおすし」「ひかるおすし」「のりまき」
など様々な種類のおすしが次々と登場し、最後に「かわ
りだねおすし」として回転ずしにあるようなハンバーグ
などの創作ずしが登場します。

これらのネタは魚ではありませんが、次のページをめく
るとなんと海の中で牛や豚が泳いでいます。

その様子にも子供たちはまた大笑い。
魚のことも楽しく学べて、とても愉快な「図鑑」となっ
ています。

えがない えほん(著:B・J・ノヴァク 訳:おおともたけし)

もともと外国の本だったものを日本語版に訳したものです。

絵がないため厳密には「絵本」と呼べるのかどうかわかり
ませんが、とにかくうちの子供が息がとまるほどに大爆笑
し続けた本です。

これはとにかく意味不明な文字の羅列を大人が本気で読ま
されるという、大人にとってはとっても疲れる本です。

しかも「おならぷ~」だの「ぶりぶりぶ~」だの言わされ
るので、恥ずかしがっていては読めません。

大人はとにかく恥をすて全力で書いてある文字をすべて読
み切ります。

だいたい幼稚園児から小学校の低学年くらいの子供には大
ウケします。

絵本が嫌いな子供に「こんな面白い本もあるんだよ」と本
を好きになってもらうきっかけとして使うのもありでしょう。

いかがだったでしょうか。
今回紹介したものはうちの子供たちに好評だった本ばかりで
すので、もちろん他の子供たちには受け入れられないものも
あるでしょう。

ただ「こんな変わった絵本もあるんだ」ということを知るだ
けでも、絵本を選ぶときの選択肢の幅も多少広がってくるは
ずです。

たまには違うテイストの絵本を読んでみようかな、と思った
ときの参考になさってください。


育児日記ランキング ブログランキングに参加しております。
よろしければポチっとお願いします!

このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 新米ママ育児へ
にほんブログ村

Follow me!

スポンサードリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. メグ より:

    こんにちは。
    楽しい絵本が良いですね。
    応援ポチ。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。