vvv 算数好きな子に育てよう 3歳児の数の遊びかた | 初めての子育て  

算数好きな子に育てよう 3歳児の数の遊びかた

スポンサードリンク


3歳くらいになると周りの数が文字に興味を示すように
なってきます。

数字も10まで数えられたり、早い子だと100くらい
まですらすらと数えられるような子もいたりします。

しかしこの「1から順に数を言える」ことがイコール
「数を理解している」ということにはならないのです。

「うちの子は100まで数えられるから算数は得意な
はず!」と思ってしまうのは要注意です。

では本当に「数を理解」するとはどういうことなので
しょうか。

数がわかるってどういうこと?

数を1から順に唱えているのは、ただ単純にそういう
順番に数字が並んでいることを覚えているだけです。

例えば五十音順に「あいうえお」と言うことができて
も「あ」と「お」を組み合わせて「あお」という言葉
になる、ということがわからないようなものです。

数を理解させるには、実際にある物の数を「1,2、
3…」と数えていって、数字と物を1対1で対応させる
必要があります。

そして最終的に「5」で数え終わったからここにある物
は全部で5個、と判断できて初めて「数を理解した」と
言えるのです。

3歳から4歳はちょうどこのように、実際に物の数を数
えて理解を深めていくのに適した時期です。

また物の並び方が変わってもその数自体は変わらないと
いうことも、この時期に教えておきたいことのひとつです。

小さな子供は見た目で数の多い、少ないを判断しがちです。
そのため、見た目ではなく数えて多いと少ないを判断する
ことを教えてあげましょう。

ここでただ単に数字を暗記することだけで終わってしまうと、
小学校にあがってからの算数でつまずく原因となってしまい
ます。

まずは物を数える体験をさせてあげましょう。

スポンサードリンク


遊びながら数を学ぼう

ではどのようにすれば子供に楽しく数を学ばせることができ
るのでしょうか。
その方法をいくつか紹介していきます。

・ご飯を食べながら数える

ご飯中にカレーに入っているニンジンでもサラダに入っている
ミニトマトでも、なんでもいいので食べながら食べ物の数を一
緒に数えてみましょう。

「ママはニンジンを3個食べたよ。〇〇ちゃんは何個食べた?」
などと声かけをしながら食べた数を数えさせてみてください。

だいたい子供は負けず嫌いなので、もっとたくさん食べようと
します。

すると今度は4個、5個という数字が3個よりも多いことを実
体験することができます。

またこれは子供があまり好きではない食材でやると、子供が勝
とうとして必死に食べてくれるという嬉しいおまけつきです。
とは言え、食べたがらない物で無理やり行うのはやめましょう。

・おままごとで数を数えさせる

人形やぬいぐるみをいくつか用意して、子供におもちゃのお菓子
などをみんなに配らせてみましょう。

「みんなにふたつずつクッキーを配ってね」というように声をか
け、子供にお菓子などを分配させます。

きちんと一人にふたつずつ配れたら、最後には全部でいくつある
か一緒に数えてみましょう。

そうすることで小さい数と大きい数を理解していきます。
もし簡単にできるようだったら、少し難しくして「クマさんには
みっつ、ウサギさんにはふたつください」というように数を変え
てみましょう。

そして配り終えたら「クマさんとウサギさん、多いのはどっち?」
というように数を比べてみるとさらに数の理解が進みます。

・お店屋さんごっこ

お店屋さんごっこは数を理解するのにとても適した遊びです。
おもちゃ屋さんごっこをしたとしたら「車を3個、電車を2個くだ
さい」というように色々な種類と数を混ぜて注文してみましょう。

まだ数に慣れてないうちはよくわからずに間違えることもあるので、
そういう時は親も一緒になって数えてあげましょう。

だんだん数字の理解が進んできたら「ぬいぐるみを4個ください。あ、
間違えた!ひとつ減らしてください」などとちょっと意地悪な問題を
出してみてもいいでしょう。

こうした難しい問題にも挑戦することで、数の理解力が増していきます。
しかしまだあまり数というものをわかっていない時点でやってしまうと、
子供はわけがわからず嫌になってしまうので、子供の理解度を把握しな
がら行いましょう。

・音の数を数えてみる

これまでは目で見て触れたものを数えてきましたが、音で聞いたものを
数えることもまた数の習得に役立ちます。

例えば缶の中にコインをひとつずつ入れていき、全部で何枚いれたかを
当てるクイズをしてみましょう。

最初は1枚ずつゆっくりと落としていき、子供が余裕を持って数えられ
るようにしてあげましょう。

音と数が結びつかないようであれば、まずは最初に親がお手本を見せて
あげます。

チャリーン、チャリーンと音がするたびに「1枚、2枚、3枚…」と数え
ていき、「4回音がしたからコインは4枚あるね」と実際に中に入ってい
るコインを見せてあげましょう。

これを繰り返していくうちに、子供も音と数を結びつけて考えることがで
きるようになります。

「数の学習」と聞くとどうしても難しいことを想像しがちですが、この時期
の子供にとっては遊びの延長です。

親の工夫次第で遊びながらどんどんと数の理解を深めていきます。

「算数が得意になってほしいから」と言って最初から足し算の計算問題など
を解かせても、もちろん子供には理解できません。

最初のうちは答えを丸暗記してしまうだけです。
そうではなく、この時期にあった教え方で、まずは算数が得意になる土台を
作ってあげるようにしましょう。


育児日記ランキング ブログランキングに参加しております。
よろしければポチっとお願いします!

このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 新米ママ育児へ
にほんブログ村

Follow me!

スポンサードリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。