vvv 運動会のない保育園。なぜ運動会をしないの?隠された裏事情 | 初めての子育て  

運動会のない保育園。なぜ運動会をしないの?隠された裏事情

スポンサードリンク


保育園に通っていると年間に何度も行事がありますよね。
運動会、発表会など保護者も参加する大きな行事や
保護者の参加はないけれど、誕生日会や遠足といった行事
もあります。

さて、子供の通っている保育園に運動会がない!と
ビックリしているパパやママもいるのではないでしょうか。

子供の頑張っている姿を観れると運動会を楽しみにしていたのに
運動会がないなんて…とがっかりしている人もいることでしょう。

この記事では子供の通っている保育園に運動会がない!
そんな人になぜ運動会がないのかという疑問や
運動会がないことを他の保護者はどのように思っているのかについて
徹底的に解説していきます。

保育園の運動会ないのはイマドキ珍しいこと
じゃない!運動会を行わない理由は?

実は最近は運動会を行わない保育園も多いって知っていますか?

以前はどこの保育園に行っても運動会って必ずあったと思います。
ですが、運動会を行わない保育園は今は多くなってきているんです!

保育園はただ単に子供を遊ばせているわけではありません。
子供のあそびにもひとつずつに「ねらい」が定められています。

それは遊びだけでなく保育園の行事も同じで「ねらい」があります。

保育園行事のねらいは文化的なものや人間関係的なねらいが多いです
のですが保育園が定めるねらいが運動会など行事に重きを置いていな
い場合運動会を行わないという園が出てくるのです。

本来運動会というのは、普段の生活や遊びの延長であって
今まで子供たちがやってきたことを見てもらう場としてあったわけです。

しかし最近では今までの遊びの披露の場としてはやりすぎなのでは?と
感じるような運動会が多くあるというのが現状なのです。

子供たちが張り切ってやっている分には問題ないと言えます。

しかし、保護者に見せても恥かしくないように!失敗しないように!と
厳しい練習に練習を重ねるという園も多くあるのです。

保護者に見せるため、保護者に喜んでもらうために運動会をするということは
本来の運動会のねらいから外れてしまっているわけです。

運動会を経験することで子供達のどのようなところを育てるのか。

このように本来のねらいを達成できないような運動会は必要ないのでは?と
いう理由で運動会をしないという園も増えてきているわけです。

また、3歳未満児が多い園も最近は増えてきています。

運動会を理解できない年齢の園児には運動会の練習も本番も
負担にしかならないので行わないという園もあります。

また、運動会をするような園庭や体育館が確保できないような場合
運動会をしないという選択をしている園もあるのです。

このような理由から運動会をしないという園も増えているのです。

運動会ないことに対する保育士&保護者に
子供の意外な本音とは?

保育園の運動会がないことにみなさんそれぞれどんな本音を
抱えているのか簡単にまとめてみますね。

実際に私が保育園で働いていた頃の話になりますが
まわりの保育士、保護者の意見をまとめて紹介していきますね!

先ほどもいったように最近では保育園の運動会でやりすぎでは?と
思うような運動会があると言いましたよね。

見栄えのいい運動会には子供にはこのような本音が隠れています。

運動会の練習っていつすると思います?

それはもちろん毎日の「あそびの時間」を使って運動会の練習を
するわけです。

見せることがメインで子供たちがやりたい気持ちが置いてけぼり
の運動会では遊びの時間を使って運動会の練習をするのは
子供たちにとっては苦痛でしかありません。

できていないところを保育士に注意されたり
できるまで何度もやり直すことだってあるのですから嫌になりますよね。

運動会の練習なんかより遊びたいのが子供達の本音なのです。

実際に5歳児の副担任をしていたころ
子供にこっそり「練習ばっかりで遊ぶ時間ない」
「先生。今日も遊ぶ時間ないの?」と何度も言われたことがあります。

子供達にはこのような本音が隠されているのです。

また保護者も保育園の行事は年間を通すとかなりの数ありますよね。
中には必ず保護者が参加しなくてはいけない行事もありますから
仕事の休みをわざわざとらなくてはいけないものもたくさんあります。

子供の行事のたびに休みを取らなくてはいけないもの大変なわけです。

保護者としてみれば保護者が参加しなくてはいけない行事が
なければいいのにと思っている保護者もたくさんいるのです。

実は、行事にあまり参加したくないという保護者の本音も
よく聞かれているのです。

運動会などの大きな行事の場合、保育士は企画から準備
そして運動会の練習など…
しなくてはいけないことがかなり多くなります。

もちろん普段の保育もぬかりなく行わないといけないので
保育の計画書や反省、おたよりなど
やらなくてはいけないことは多くそれに加え運動会の準備が増えると
勤務中に全てこなすのは不可能なのです。

スポンサードリンク


運動会となると大道具や小道具、衣装作りなどもしなくてはいけません。

毎日残業をしたり家に持ち帰って仕事をしなくてはいけない
というのが保育士の運動会前の仕事量なのです。

もちろん残業代は出ない園のほうが多いでしょう。

このように行き過ぎた運動会は保育士にも負担が大きいので
保育士もパンク寸前になりながら仕事をしているので
運動会がないと気が楽なのは確かなのです。

このように保育園を利用している人みんなに
このような本音がかくされているのです。

まとめ

運動会をしない園が増えている中
それでも運動会はやめることはできない!と
運動会をしている園もまだまだ多くあります。

運動会のあるなしは保育園によって違います。

このような点も保育園選びのポイントにしてみてくださいね。


育児日記ランキング ブログランキングに参加しております。
よろしければポチっとお願いします!

このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 新米ママ育児へ
にほんブログ村

Follow me!

スポンサードリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. メグ より:

    こんにちは。
    保育園はワーママが多いので
    中々行事参加が難しく、行事も少なめの感じです。
    最近は、運動会も行わない園も増えているのですね。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。