vvv 子供に英語を習わせたい どんな英語教室を選べばいいの? | 初めての子育て  

子供に英語を習わせたい どんな英語教室を選べばいいの?

スポンサードリンク


外国語が小学3年生から始まるようになるなど、英語教育はどんどん
低年齢化しています。

それに伴い、小さい頃から子供に英語を習わせようとする人も増えて
いますよね。

でもいざ子供を英語教室に通わせようとしても、どの英語教室に通わ
せたらいいか迷ってしまいませんか?

この記事では英語教室を選ぶ際に何を見ればいいのか、そのポイント
をまとめてみました。
英語教室を選ぶ時の参考になさってください。

先生が日本人かネイティブか

まず一番最初に多くの人が悩むのが、先生が外国人なのか日本人なの
かということです。

もちろん外国人のほうが発音がキレイなのは言うまでもありません。

また発音だけでなくちょっとした咄嗟の一言やつぶやきなども英語な
ので、その点では日本人の先生よりは生きた英語を聞くことができる
でしょう。

また英語を普段聞きなれている子供でも、外国の人と触れ合う機会と
いうものはあまりないものです。

その点からいっても、週一でも外国人と触れ合う機会があるというこ
とは子供にとってもいい経験となります。

しかし、もちろん日本人の先生にもいい点はたくさんあります。

まずはなんといっても子供が安心してレッスンを受けられるというと
ころです。

外国の人だとどうしても緊張してしまってまったくレッスンに参加で
きなくなってしまう子もいます。

しかし日本人の先生だと慣れるのも早く、子供も緊張せずにレッスン
が受けられます。

またまだ小さい子供だと親も一緒にレッスンを受けることになりますが、
相手が日本人だとわからなかったことや子供の様子などを細かく先生に
尋ねることができます。

私の娘は外国人の先生に習っていますが、先生が英語で親にも話しかけ
てくることがあるので、まったく英語が話せない私としては結構緊張し
たりします。

先生は日本語も話せるのですがカタコトなので、こちらも難しい日本語
は使わないようにしたり英単語を混ぜたりして話す分、あまり深い話が
できなかったりします。

そういった点ではやはり日本の先生のほうが安心感はあるでしょう。

大手経営か個人経営か

次に英語教室が大手の系列なのか個人経営をしているところなのか、
という問題があります。

大手の英語教室のいいところはカリキュラムがしっかり組まれている、
というところです。

長年培った幼児教育のノウハウがあるため、その年代にあったカリキュ
ラムがしっかりと整っています。

個人経営の教室はその教室独自のカリキュラムで行っているため、レッ
スンを行う先生の裁量によって中身も変わってきます。

もちろん各教室の先生たちがしっかり考えてレッスンをしていますが、
中には「この年代でこれはまだ難しいんじゃないか?」なんて思ってし
まうようなレッスンもあったりします。

ただ大手でもその教室によってレッスンの最終目標は違うので、そのあ
たりはHPで確認したり実際に体験レッスンに行ったりして確認したほ
うがいいでしょう。

逆に個人経営のいいところは、やはりアットホームな雰囲気です。

個人でやっているため講師の数も数人ですし、生徒数も限られています。

そのため教室全体が知り合いのようなもので、レッスンの前後に気軽に
先生と世間話ができたりして濃い付き合いができます。

また大手よりも多少融通がきいたりすることもあります。

スポンサードリンク


周りの子との相性

小さい子供のレッスンでマンツーマンということはあまりないと思いま
すが、マンツーマンでレッスンを受ける以外は周りの子たちとの相性も
大切です。

先生もレッスンの内容も気に入ったとしても、一緒にレッスンを受ける
子供たちと自分の子供の相性が悪くてはレッスンは長続きしません。

例えば一人乱暴な子がいてたたいたりしてくるとか、落ち着かない子が
いて騒ぐため自分の子までつられてしまうとか、そういうことがあると
せっかくのレッスンが台無しになってしまいます。

また子供が特定の子を嫌がってレッスンに行きたがらなくなってしまう
可能性もあります。

ただこればかりは体験レッスンだけではわからないこともあり、通って
みなければどうしようもない場合もあります。

しかしもしも体験レッスンで「ちょっとこの子とはあわなそうだな」と
思うような子がいたのなら、いくら先生が良くてもあきらめたほうが無
難でしょう。

最終的には子供の気持ちを優先しよう

たくさんある英語教室ですが、色々と悩んだとしても結局通うのは子供
だということを忘れないようにしましょう。

いくら親が「この教室がいい!」と思ったとしても、子供が嫌がってし
まっては意味がありません。

親が無理やり通わせても子供にとってはストレスになるだけです。

一番大切なのは子供が楽しくレッスンに参加でき、そして英語が好きに
なることです。

嫌がる子供を無理やり通わせ、結果的に英語が嫌いになってしまっては
本末転倒です。

体験レッスンの子供の様子をよく観察して、子供にとってその英語教室
があっているかどうかをしっかりと見極めましょう。

週に一度くらい英語教室に通ったところで、すぐに英語が話せるように
なるわけではありません。

しかし英語教育の土台を作っておくことで、英語に苦手意識を持つこと
がなくなったり、将来自分から英語を勉強しようという意欲がわくきっ
かけにもなります。

ただどんな習い事でも一番大事なのは「子供が楽しく通えること」です。

親のためではなく子供のために通うということを忘れないようにして、
子供にあった教室が見つけられるといいですね。


育児日記ランキング ブログランキングに参加しております。
よろしければポチっとお願いします!

このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 新米ママ育児へ
にほんブログ村

Follow me!

スポンサードリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。