vvv ゴミ箱の臭いをなくすためにできる対策とは  | 初めての子育て  

ゴミ箱の臭いをなくすためにできる対策とは 

スポンサードリンク


気温が高くなってくるとゴミ箱から嫌な臭いがただよってきますよね。
夏は下手をすると部屋中に臭いが充満したりして、なんとかしたいと
悩むことも多くなります。

このゴミ箱の臭いは何が原因なのでしょうか。
原因を知ることで対策もたてやすくなります。

ゴミ箱の臭いの原因をよく把握した上で対策をたて、夏の悪臭ストレス
から解放されましょう!

スポンサードリンク


ゴミ箱の臭いの原因

ゴミ箱が臭う原因は、捨ててある生ゴミ類の腐敗が進んだためにおこる
腐敗臭です。

生ゴミが腐敗する原因は微生物の働きによるものですが、微生物はゴミ
を腐らせる際に悪臭や有害物質を放ちます。

これがゴミ箱から漂う嫌な臭いの原因となるのです。

冬場の気温が低い時は、よほど一日中暖房をずっときかせてでもいない
限りはそこまで早く腐敗が進むことはないので、ゴミの日までゴミ箱に
ゴミを入れておいてもそんなに臭いが気になることはありません。

しかし夏場の暑い時期はあっという間に腐敗が進んでしまいます。

いくらクーラーの効いた部屋にゴミ箱を置いておいたとしても、夏の間
24時間ずっと部屋が冷えているわけでもなく、クーラーをかけていて
も冬場ほど気温が低下するわけでもないのでそれほど臭いを抑えること
にはつながりません。

それでは気温が暑い時期の嫌なゴミ箱の臭いを防ぐにはどうしたらいい
のでしょうか。
続いてその対策を見ていきましょう。

ゴミ箱の臭いを軽減させるためにできること

・生ゴミの水気をきる

微生物は水分のある場所を好みます。
生ゴミに水気が多いとそれだけで微生物の数は爆発的に増殖します。
それを防ぐためにも、生ゴミの水分ではできる限りしぼってから捨て
ましょう。

本当ならばカラカラに乾燥させてから捨てれば微生物もいなくなる
ので嫌な臭いも完全に防ぐことができるのですが、毎日発生する生
ゴミにそこまで手もかけていられませんよね。

そういった場合はぎゅっとしぼった生ゴミを新聞紙に巻いて捨てる
ことをおすすめします。

新聞紙は水分を吸収してくれるので、これだけでも水切り効果があ
りますよ。

・袋を二重にして使う

生ゴミやオムツなどを袋にいれて捨てる際、袋は一枚だけでなく二
枚使って捨てましょう。

その時は袋をはじめから二重にしておくのではなく、先に一枚目に
ゴミをいれてきっちりと袋をしばってから、さらにもう一枚の袋に
いれてもう一度袋をきっちりと閉じて捨てたほうが効果的です。

もちろん袋の中では腐敗が進んでいますが、袋が二重になっている
ため臭いがもれにくくなります。

袋を使う量は増えてしまいますが、スーパーにあるようなロール状
のポリ袋が比較的安い値段で売っていたりするので、そういったも
のも利用してみるといいでしょう。

・重曹をまく

生ゴミから発生する臭いの成分はほとんどが酸性です。

そこでアルカリ性である重曹を生ゴミに振りかけることで、酸性で
ある嫌な臭いを中和し消臭効果を発揮してくれるのです。

生ゴミをいれる袋に直接いれてもいいですし、ゴミ箱の底に重曹を
まいておくとゴミ箱自体の臭いを消してくれます。

・ドクダミの葉っぱ

これは季節が限定されてしまいますが、ドクダミの葉っぱには強力な
消臭効果があります。

ドクダミの葉っぱを切ったら、それをドサっとゴミ箱にいれるだけで
オッケーです。

そのままゴミとして捨ててしまえるので手間がありません。

枯れるまでは消臭効果が続くので、繰り返し使いたい場合は葉っぱを
ネットなどにいれて、ゴミ箱の底に置いておいても大丈夫です。

ゴミ箱の臭いを取るには

色々頑張ってもやはり完全には抑えきれない臭い。

そうするとゴミ箱にも臭いがしみついてしまいますよね。

ゴミは捨てたはずなのに臭いが消えない、という場合はたいていゴミ
箱自体が匂っていることがほとんどです。

そういった場合は市販の臭いシートなどで対策しようとしてもほぼ
無駄ですから、ゴミ箱を洗うのが一番です。

ゴミ箱を洗う場合は台所用の漂白剤やアルコール剤をスプレーして
使うのが一番手っ取り早い掃除法です。

台所用の漂白剤やアルコール剤には殺菌効果があるので、ゴミ箱に
ついている微生物を退治して臭いを消してくれます。

ふりかけたまま放置しても効果はありますが、臭いがひどい場合は
キッチンペーパーなどでふき取るとさらに効果です。

中を掃除したら太陽のあたる場所でゴミ箱を完全に乾かしましょう。

太陽の光にも殺菌効果があるので残った微生物をやっつけてくれます。

しかしゴミ箱の中には漂白剤や直射日光に弱い素材のものもあるので、
素材はよく確認してから掃除を行いましょう。

直射日光に当てられない場合は、風通しのよい日陰で水分がなくなる
までしっかりと乾かしましょう。

ゴミ箱の臭いを取る際に、ゴミ箱の中にゴミがへばりついていたりし
て汚れている場合は、まずはその汚れを水洗いなどで取り除いてから
行うようにしましょう。

せっかく消臭をしても汚れが残っていてはまた微生物が繁殖してしま
います。

一度きれいに洗って完全に乾いてから漂白剤などを使ったほうが消臭
効果も長持ちします。

その際にはゴミ箱の中だけでなく、蓋も忘れずに掃除するように気を
付けましょう。

ゴミの処理は面倒なものですが、少しの工夫で臭いを減らすことが
できます。

一度臭いが発生してしまうとゴミ箱までくさくなってしまう上、虫
もおびき寄せてしまいます。

そうならないためにも、夏の暑い時期はできるだけこまめなゴミ対
策を心がけましょう。


育児日記ランキング ブログランキングに参加しております。
よろしければポチっとお願いします!

このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 新米ママ育児へ
にほんブログ村

Follow me!

スポンサードリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。