vvv 本格的に暑くなる前に夏バテ予防!暑い夏を乗り切ろう!  | 初めての子育て  

本格的に暑くなる前に夏バテ予防!暑い夏を乗り切ろう! 

スポンサードリンク


暑くなってくると食欲もなくなりだんだんと体がだるく
なってきますよね。

なんだか体が重いな、と思ったらそれは夏バテのはじ
まりです。

夏バテを放っておくと、秋ごろに本格的な不調に見舞
われたり違う別な病気に発展してしまう場合もあります。

では夏バテを予防するためにはどうすればいいのでしょうか。
この記事では夏バテが起きる原因と、その予防法について
ご紹介します。

夏バテの原因

まずはどうして夏バテが起きてしまうのか、その原因から
見ていきましょう。

・栄養バランスが崩れる

暑くて汗を大量にかくと、水分と一緒にビタミンやミネラルも
体の外へ流れていってしまいます。

そうすると体の中の栄養バランスが崩れ、体調を壊しやすくな
ります。

特にビタミンB1は体内で糖分をエネルギーに変えるために必
要な栄養分で、これが不足してしまうと体がだるくなったり疲
れやすくなったりしてしまいます。

また夏は暑いので食事がそうめんや冷たいうどんなど、炭水化
物ばかりとりがちになってしまいます。

肉や魚、野菜などを摂取しないとエネルギーの元となるタンパ
ク質が不足する上、先にも書いたビタミンB1などの疲労回復
の栄養素も不足してしまいます。

汗で体から出ていってしまう上に食事で補給もしなければ、体
はどんどんだるさを増すばかりです。

・睡眠不足

夏は熱帯夜などで熟睡できない日が続いたりします。
人間の体は日中の疲れを睡眠中に回復させています。

ぐっすり眠れないということは、昼間の疲れが次の日まで残って
しまうということです。

熟睡できない日が続けばそれだけどんどん疲れは蓄積されていき、
夏バテへとつながってしまいます。

・室内外の温度差

今ではどの建物でも夏場はクーラーが効いています。
暑い外からいきなりクーラーの効いた冷えた室内に戻ると、
その急激な温度差で体力を消耗します。

またその温度差に、体温を調節する自律神経が正常に働かなくな
ってしまうこともあります。

自律神経がうまく働かないと、胃腸の不調を引き起こしたり食欲
不振になったり全身を倦怠感が襲ったりして夏バテを引き起こし
てしまいます。

スポンサードリンク


夏バテの予防策

それでは夏バテを予防するためにはどうすればいいのでしょうか。
その予防策を見ていきましょう。

・食生活を見直す

夏バテにならないためには、まずは食事で栄養価の高いものをきっ
ちりと食べることが重要です。

麺類などの炭水化物はエネルギー源となりますが、ビタミンB1、
B2がなければ炭水化物はエネルギーとはならずに疲労物質の乳酸
や単なる脂肪へと変わってしまいます。

そのため、夏バテ防止にはビタミンB1、B2を含んだ食べ物をし
っかりとることが必要になってきます。

ビタミンB1、B2が豊富に含まれている食材には豚肉やレバー、
枝豆、納豆、うなぎやいわしなどがあります。

またタンパク質をしっかりととることも重要です。
タンパク質は血液や筋肉などを作る大事な成分です。

体調を維持するためには欠かせない栄養素ですが、体に蓄えておく
ことができません。

そのため毎食しっかりと食事で補給する必要があります。
タンパク質がとれる食材には肉、魚、卵や納豆、豆腐などの大豆
製品、そして乳製品があげられます。

他には汗で失われてしまうカリウムも補給する必要があります。

カリウムは海藻や葉野菜などに含まれていますが、熱に弱く水溶
性のため調理の過程で多くが失われてしまいます。

そのためカリウムをたくさんとるのなら、野菜よりも生で食べら
れる果物のほうがおすすめです。

カリウムが豊富な果物にはスイカやメロン、桃、ぶどう、バナナ、
キウイ、アボカドなどがあります。

夏の食事は栄養に気を付けるとともに、体を冷やさないようにす
ることも大事です。

特に冷たい水分をがぶがぶと飲んでしまうことは胃腸の機能を弱
めてしまうので控えましょう。

夏でもできるだけあたたかい飲み物をとるようにしましょう。
特に朝食に野菜たっぷりのスープをとると代謝もあがり夏バテ予
防になります。

・温度差に気を付ける

室内と外の温度差が5度以上になると自律神経は乱れやすくなります。
自宅にいる場合ならばあまり外との気温差が激しくならないように
クーラーの温度を調節しましょう。

あまりに暑い場合は扇風機を併用したり冷却マットを利用したりして
工夫しましょう。

職場など自分で温度の調節ができないところでは、上着をはおったり
長ズボンやレッグウォーマーを着用したりして体が冷えないように気
を付けましょう。

クーラーの風が直接当たらない場所に移動したり風向きを変えたりす
るのも効果的です。

・睡眠をしっかりとる

しっかり寝て疲れをとるのが夏バテ防止の一番の方法です。
暑くて寝苦しい時は寒すぎないようにクーラーを調節して寝ましょう。

タイマーで切れるようにして途中から暑くて起きてしまうようなら、
むしろ一晩中つけておきましょう。

ただしその際には体に直接風が当たらないように注意してください。
また氷枕などで頭を冷やすと寝やすくなるので、そういったものも
利用してみるといいでしょう。

・適度な運動

暑いからとまったく動かずにいるとますます体の代謝が落ち夏バテ
してしまうだけです。

体を適度に動かすことも夏バテ予防には大事なことです。

ただ昼間の猛暑の中運動をしてしまっては熱中症などの危険性もあ
るので、できるだけ早朝や夕方の涼しい時間帯を選んで行いましょう。
その際には水分補給も忘れないように注意しましょう。

夏が終われば夏バテも終わるだろうと思っていても、夏に失われた
体力はそうそう簡単には戻ってきません。

夏バテがひどくなると体調が戻らないまま、涼しくなっても体調が
悪化してしまう可能性もあります。

そうならないためにも、本格的に暑くなる前から夏バテにならない
体をしっかりと作っておきましょう。


育児日記ランキング ブログランキングに参加しております。
よろしければポチっとお願いします!

このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 新米ママ育児へ
にほんブログ村

Follow me!

スポンサードリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。