vvv 本当はすごい、手遊びの効果! 親子で手遊びを楽しもう | 初めての子育て  

本当はすごい、手遊びの効果! 親子で手遊びを楽しもう

スポンサードリンク


昔からある手遊び、親である私たちも昔やったことがありますよね。
手遊びのいいところはなんといってもなんの道具も準備もいらないところです。
場所も選ばず、好きなところでいつでも遊ぶことができます。

電車や病院でだって小さな声でやれば周りに迷惑がかかることもなく、子供が退屈して騒ぎだすのを防ぐことができます。
そんな便利な手遊びですが、実はいいところはそれだけではないんです。
では手遊びをすることでどんな効果があるのかを見ていきましょう。

〇手遊びの効果とは?

・脳の発達に役立つ

手遊びは歌を歌いながら手で様々な動作をします。
この手の動きが実は脳にとっていい効果をおよぼすのです。

両手を左右対称に動かす、まったく別の動きを同時にするなど、様々な動きをすることで脳が活性化されていきます。
手先だけでなく体全体を動かす手遊びもあり、普段したことがないような動きをすることでどんどん脳も発達していきます。

このような効果から、手遊びは子供だけでなく認知症予防などの目的でお年寄りにも効果的な遊びとして利用されています。
また手遊びには手を色々なものに見立てて遊ぶ遊びが多いため、想像力を養うこともできます。

・手先が器用になる

手遊びでは手を色々な形に動かして遊ぶことが多くなります。
小さい子だとチョキの形を作るだけでも一苦労することでしょう。

しかしそうやって難しい形に挑戦していくことで、指先がだんだんと器用に動くようになっていきます。
単純にグーパーの繰り返しだけでも、小さい子だとちゃんと指先が開ききっていなかったりするものです。
しかしそういった動作を繰り返していくことで、手先がよく動くようになり日常の生活にもいい影響が出てきます。

・情緒が安定する

手遊びは親と目と目をあわせて行う遊びなので、他の遊びと比べてもスキンシップがとりやすい遊びとなります。
手遊びの中には子供をぎゅーっと抱きしめたりくすぐったり手をにぎったり、体が触れ合う遊びもたくさんあります。
すると子供の脳内からはオキシトシンという「幸せホルモン」と呼ばれるものが分泌され、情緒が安定するようになります。

・リズム感がつく

歌を歌いながらそのリズムにのって手や体を動かすため、子供には徐々にリズム感が身に着くようになります。

〇簡単にできるおすすめの手遊び

それでは次に親子で簡単に遊べる手遊びをいくつか紹介します。

・大きな栗の木の下で

おなじみの童謡「大きな栗の木の下で」です。
小さい頃に遊んだ人も多いのではないでしょうか。

やり方はご存知の通りですが、大きな栗の歌詞を「小さな栗」に変えて楽しむこともできます。
「大きな栗」の時は声も動作も大きくゆっくりして、「小さな栗」の時は声も動作も小さく早くすることで、子供たちも飽きずに遊ぶことができます。

・グーチョキパーで何作ろう

こちらもおなじみの手遊びですね。
グーチョキパーの遊びは両手を色々な形にすることで手先も器用になり、また自分で好きな形を作ったりすることができるので想像力も増します。

昔からよくあるのはパーとパーでちょうちょう、グーとチョキでかたつむり、などですが、工夫次第で他にもたくさんの形が作れます。

例えばグーとグーを頭の上にのせてクマさん、グーをチョキの上にのせてアイスクリーム、パーをグーの上にのせてヘリコプターなどがあります。
少しくらい形がおかしくてもいいので、子供と一緒に新しい形を色々と作ってみてください。

・いとまきまき

いとまきまきは簡単な動作で遊べるので小さい子でもすぐに楽しむことができます。
また歌詞の最後が「できたできた 小人さんのお靴」となっていますが、この「小人さんのお靴」を変えることでたくさんのバリエーションを楽しむことができます。

例えば「ぞうさんのお靴」に変えて動作を大きくゆっくりしたり、逆に「アリさんのお靴」にして動作を小さく早くしたりすることができます。
親子で好きに色々と変えて楽しんでみましょう。

・おちたおちた

親が「おーちたおちた、なーにがおちた」と言い、次に言ったものに合わせて子供がジェスチャーをします。
オーソドックスなのがまずリンゴです。
親が「リンゴ!」と言ったら子供は手の前で両手を椀の形にしてリンゴを受け止める真似をします。
次に「げんこつ!」と言ったら子供は手で頭をおさえます。

そして「カミナリ!」と言ったら子供は手でおへそをおさえます。
このように落ちてきたものによってジェスチャーを変えなければならないので、反射神経も身に付きます。
慣れてきたらだんだん早くしていったり「リンゴ!カミナリ!」と一度にふたつ言ったりと数を増やしていってもいいでしょう。
落ちてくるものはなんでもいいので、子供と一緒に考えてみましょう。

簡単にできる上に親子で楽しめて様々な効果もある手遊び。
昔からずっと親しまれてきたのも納得ですね。

ここで紹介したもの以外にも本当にたくさんの種類の手遊びがあります。
昔ながらの懐かしいものから、最近できた新しい遊びまで種類豊富なので、手遊びの本や動画などを見てレパートリーを増やしてみてください。
きっと子供と遊ぶ時間がもっと楽しくなりますよ。


育児日記ランキング ブログランキングに参加しております。
よろしければポチっとお願いします!

このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 新米ママ育児へ
にほんブログ村

Follow me!

スポンサードリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。