vvv 言い訳ばかりする子供 どうしたら素直にあやまるようになる? | 初めての子育て  

言い訳ばかりする子供 どうしたら素直にあやまるようになる?

スポンサードリンク


言葉が達者になってくると、子供って言い訳ばかりするようになりますよね。
素直に謝ればここまで怒られないのに、どうして言い訳ばかりするんだろうと思いますよね。

しかし、そんな言い訳だらけの子供にしてしまったのは実は親の責任かもしれません。
ではどうして子供は言い訳ばかりするのか、その原因と対策について見ていきましょう。

子供が言い訳ばかりするのはどうして?

子供が言い訳をするような時、あなたはどのように子供に接しているか少し考えてみてください。
そういう時はたいてい頭ごなしに怒っていませんか?

「どうして宿題してないの!?」
「ゲームは1時間だけって言ったでしょ!」
「片付けてって言ったのになんでまだやってないの!?」

そういう風に怒られてばかりいると、子供は防御反応として言い訳をするようになります。
きっともっと小さい頃は素直に謝っていた子供も多かったはずです。

しかし素直に謝っても許してもらえない、余計怒られる、そんな経験をずっとしているとだんだん素直に謝らなくなってきます。
そうしてこれ以上怒られないような言い訳を色々と考えるようになってしまうのです。

また「言い訳」ではなく、子供にとって精一杯の「言い分」を親に伝えている場合もあります。
例えばお皿を落として割ってしまった時に親が「何やってるの!?」と怒ったとします。

しかしこういった場合ほとんどはわざとではなくうっかりミスですよね。
そこで子供が「手が滑った」と言ったとします。
子供からすればまぎれもない真実なのですが、親はそこで「言い訳をするな!」と怒ります。

本当のことを言ったのに怒られた子供の心には不満ばかりがたまります。
そして「どうせ本当のことを言っても怒られるのだから」と言い訳をするようになるのです。

言い訳をした時の親の対応

子供が言い訳をした時、たいていの親は「言い訳するな!」と怒っていないでしょうか。
そう言いたくなる気持ちもわかります。

しかしそれだと言い訳はなくなるどころか逆効果です。
まずは頭ごなしに怒ることをやめましょう。

子供が宿題をしていなかった時「どうして宿題してないの!」と怒ったとします。
すると子供は「めんどくさくてしたくなかった」と本音を言えばさらに怒られるのでなんやかんやと言い訳を考えるようになります。
そうならないためには「どうして」という言い方をしないようにすることが大事です。

人が「どうして」という言い方で怒る時は、本当に理由を知りたいわけではなくただ単に相手を責めたい時に使っていることが大多数です。

親も「どうして」と言いつつも子供が面倒くさいから宿題をしていないことくらいはとっくにわかっているはずです。
そういう時はいっそのこと子供に「宿題まだやってないみたいだけど、めんどくさいの?」と訊いてみましょう。

もちろん怒り口調ではなく普段の調子で訊くことが大事です。
そうやって親が素直に訊くと、子供も意外と素直に「うん、実はそうなんだ」とうなずいたりします。

そうしたら怒ることなく子供の気持ちに寄り添ってあげましょう。
「まあ、確かにめんどくさいよねー。でも今やらないとテレビが見られなくなるよ」など声をかけてあげると子供も「仕方ない、やるか」と重い腰を持ち上げるようになります。

また先ほど書いた「言い訳」と「言い分」を取り違えないようにしましょう。
子供なりの言い分がある時はきちんとその内容を聞いてあげましょう。

もし明らかに誰かのせいにしているような時があっても、ひとまずは「そうかそうか」と話を聞いてあげます。
その上で「でも〇〇くんだけのせいなのかな?〇〇は本当に何も悪くないのかな?」と考えさせてあげましょう。
本当は自分も悪いと思っているのならば、そういう言い方をされれば「確かに僕も悪かったかな」と認めるはずです。

子供が言い訳をするのは突き詰めれば「親に嫌われたくないから」です。
だからこそ、子供が何か悪いことをした時には頭ごなしに怒るのではなく、まずは子供の話を聞く、そしていけないことはいけないと叱る、最後に謝ったらそこで許すということを大事にしましょう。

またわざとでないミスは怒らないようにしましょう。
これらを繰り返していれば、子供は「言い訳をしなくてもお父さんお母さんは自分のことを嫌いにならない」と学んでいきます。
すると徐々に言い訳をすることはなくなっていき、素直にあやまるようになっていきます。

親も人間なので、宿題をしない、朝の支度をしない、片付けをしないなど、毎日毎日同じことを繰り返されればどうしたってイライラしてしまいますよね。

しかしそこで怒ってばかりいると子供はどんどん扱いにくくなっていき、結局は自分の首をしめることになりかねません。
もし感情的に爆発してしまったとしたなら、落ち着いた時に親も素直にあやまりましょう。

子供にあやまるお手本を見せてあげることもまた大事なことです。
そうやって少しずつでもお互いに「ごめんなさい」「ありがとう」が素直に言える関係が築いていけるといいですね。


育児日記ランキング ブログランキングに参加しております。
よろしければポチっとお願いします!

このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 新米ママ育児へ
にほんブログ村

Follow me!

スポンサードリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。