vvv 人の顔が覚えられない!子供と一緒にゲームで記憶力を鍛えよう | 初めての子育て  

人の顔が覚えられない!子供と一緒にゲームで記憶力を鍛えよう

スポンサードリンク


春になると色々と環境が変化します。

大人になるとそこまで周囲が変わることもないのですが、子供がいるとそうも言ってられなくなります。

子供が入園・入学する、進級して先生やクラスが変わるなど、子供の環境が変われば親もそれに伴ってまた新たな人間関係を作らなければならなくなります。

そんな時に困るのが、なかなか人の顔や名前が覚えられないことです。

名前だけならまだいいのですが、顔まで忘れてしまうと外で会った時に挨拶もできなくなってしまいます。

そんな時はもう歳だから記憶力がなくなっても仕方ないや、と諦めることなく、子供と一緒に記憶力を鍛えてみてはいかがでしょうか。

記憶力は衰えるのか?

まず初めに、記憶力というものは本当に歳とともに衰えるのでしょうか?

実は歳をとったからといって記憶力が衰えることはないという研究結果がでています。

なかなか記憶ができなくなった原因は、脳機能の低下ではなく脳自体を使わなくなってしまったことにあります。

歳をとった時に物を記憶する力自体は衰えることはなくとも、脳を使う頻度は若い頃に比べてぐっと少なくなってしまいます。

そうすると脳が本来持っている力を出せなくなってしまい、記憶力も低下したように感じてしまうのです。

脳は使えば使うほどに活性化します。

子供の頃は見る物すべてに刺激を受け、成長してからは学校で毎日新しいことを学び、新しい体験をし、脳は常に活性化されています。

ある程度大きくなってからも新しい仕事をしたり新しい出会いがあったり、何かしらの刺激を受けるたびに脳は活性化します。

しかし仕事をしていても毎日同じ動作の繰り返しだったりして特に頭を働かせることもない毎日を送っていると、脳の働きはだんだんと鈍くなってしまうのです。

そうならないためには日々の生活で頭を使うことが大事になってきます。

毎日家事と育児で頭を使う暇なんかない!という人も多いでしょうが、実は料理はとても脳にいいんです。

冷蔵庫に何があるか確認する、それをふまえた上で献立を決めて家にないものを買い物に行く、料理の手順を頭で組み立てて何品もの料理を同時進行させる、というように、実は料理をするだけで頭をフル活動させているのです。

もちろんそれだけでなく日頃から運動したりするのも大事ですが、日々の生活の中でも脳を活性化するためにできることは実はたくさんあるのです。

子供と一緒にゲームで脳トレ

日々の生活の中だけでなく、もっとしっかりと脳を鍛えたい!という人は子供と一緒にゲームで脳トレをしてみてはいかがでしょうか。

子供の脳も一緒に鍛えられて一石二鳥です。

・神経衰弱

昔からあるおなじみのゲーム、トランプの神経衰弱です。

裏になった札を2枚めくって同じ数字の札を揃えるという単純なゲームですが、一瞬の時間で札の数字を覚えなければならないため、集中力と短期記憶の能力を鍛えることができます。

たまに子供とやってみると、まったく数字を覚えていられないことに愕然とするかもしれませんが、何回かやっているうちにだんだん頭が慣れてくるのがわかるはずです。

・逆さ言葉

言葉を逆さにして言うだけのゲームです。

まずは「いぬ」「ねこ」などの簡単な単語から始めていきましょう。

クリアできたら3文字4文字とだんだん増やしていき、「カレーライス」「クリームパフェ」というようなちょっと難しい問題にもチャレンジしてみましょう。

親子で順番に問題を出し合って楽しみましょう。

・連想ゲーム

リズムにあわせてその言葉から連想される言葉を次々に言っていくゲームです。

赤→チューリップ→春→桜→花見・・・という感じで続けていきます。

リズムにはまれなかったり関係ない言葉を言ってしまったらアウトです。

・山手線ゲーム

一時期はやったので知っている人も多いでしょう。

ひとつお題を決めて、リズムにあわせてそのお題にそった言葉を言っていくゲームです。

もともとは山手線の駅の名前を順々に行っていくゲームでしたが、そこから派生して色々なお題で楽しむゲームになりました。

子供がまだ小さいのなら、お題は「野菜の名前」や「お菓子の名前」などわかりやすいものにするといいでしょう。

少し大きな子供なら「世界の国の名前」や「カタカナの物の名前」などちょっと難しいお題に挑戦してもいいでしょう。

言葉につまったりお題と関係ないものを言ったら負けです。

なんだか忙しかったけど何をしていたのかよくわからない、という時は、たいてい毎日同じことの繰り返しを行っている可能性が高いものです。

そんな時はいつも歩いてる道を一本変えてみる、いつもは作らない新しい料理にチャレンジしてみる、普段と違う店でご飯を食べてみるなど、いつもとは違うちょっとしたことを生活の中に加えてみましょう。

それだけでも脳にはいい刺激になります。

それに加えて子供と頭を使って遊ぶことで、脳に埋もれた記憶力を呼び覚ましましょう。

Follow me!

スポンサードリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。