vvv 苦しい子供の鼻づまり 自宅で簡単に4つのできる対処法 | 初めての子育て  

苦しい子供の鼻づまり 自宅で簡単に4つのできる対処法

スポンサードリンク


冬になるとだんだん風邪をひきやすくなってきますね。

特に保育園や幼稚園などで集団生活を送っている子供はしょっちゅう風邪をひきます。

冬になると鼻をたらしている子供があちこちで見られるようになります。

鼻がダラダラたれるのも大変ですが、やはり困るのが鼻づまりです。

鼻がつまってしまうと大人ですら苦しいですよね。

息が苦しくてあまり眠れない様子を見ていると、かわいそうでなんとかしてあげたいと

思うのは当然のことです。

では子供が鼻づまりの時に家でできる対策を見ていきましょう。

子供の鼻づまりの原因は?

子供が鼻づまりになる原因として一番多いのはやはり風邪です。

風邪にはウイルス性のものと細菌性によるものとがあり、ほとんどはウイルスによる感染が

原因です。

細菌性のものには溶連菌などがあり、これらは抗生物質による治療が必要です。

しかしそれ以外のウイルス性の風邪には特効薬というものはなく、対処療法で回復するのを

待つしかありません。

風邪をひくと鼻水が出て病原体を体から押し出そうとします。

そして鼻づまりはこれ以上病原体を体の中に入れないようにブロックする体の防御反応です。

風邪の他に原因としてあげられるものに副鼻腔炎があります。

蓄膿症と言ったほうが聞き覚えのある人も多いでしょう。

これは風邪などが原因で起きる急性の副鼻腔炎と、それが長引いてしまった慢性副鼻腔炎があります。

どちらも副鼻腔というところに炎症を起こし、鼻水や鼻づまりを引き起こします。

鼻水が粘っこく青っぽい色がついているのが特徴です。

風邪のひきおわりでも黄色や青っぽい鼻水が出ることがあるので、色がついているからといって

必ずしも副鼻腔炎とは限りませんが、鼻水に色がついている上に嫌な臭いがするようであれば

副鼻腔炎の可能性が高くなります。

風邪症状と間違えやすいのがアレルギー性の鼻炎です。

原因となるアレルゲンは人それぞれですが、代表的なところでは花粉やハウスダスト、ペットの毛、

カビなどがあげられます。

アレルギー性の鼻炎は透明な鼻水がダラダラダと垂れてきます。

その時一緒に鼻づまりを起こすことも多くなります。

子供の鼻づまりを和らげるためには

副鼻腔炎になってしまった場合や細菌性の風邪の場合は薬で治療しなければ治りませんが、

それ以外の鼻づまりはどうにか家で対処しながら治るのを待つしかありません。

それでは自宅でできる対処法にはどんなものがあるのかを見ていきましょう。

・部屋を加湿する

部屋が乾燥していると鼻づまりがひどくなります。

部屋を適度に加湿してあげることが大切です。

できれば湿度は60%くらいに保ちましょう。

ただ加湿ばかりして換気を怠ってもいけません。

たまに換気をしないと今度はカビが発生してしまい、カビでアレルギー症状を引き起こして逆効果になってしまうことがあります。

部屋の空気も清潔に保ちましょう。

・鼻水を吸ってあげる

一番原始的で一番効果があるのが、やはり鼻水をこまめに吸ってあげることです。

今は子供の鼻水の吸引グッズがたくさん売っているので、使いやすいものを選びましょう。

おすすめなのは電動で鼻水を吸ってくれる吸引機です。

お値段は少し張りますが、自分で吸うよりはるかに効率よく吸引できます。

また子供の風邪をうつされる可能性も減ります。

子供は一年に何回も風邪をひくため、多少高くても買っておいて損はありません。

・鼻の周りをあたためる

鼻周辺をあたためて血行をよくすることで鼻の通りをよくします。

蒸しタオルを使うとタオルの蒸気を鼻から吸うことで鼻づまりの解消に役立つので一石二鳥です。

蒸しタオルは水に濡らしてかたくしぼったタオルをレンジで1分加熱すれば簡単にできます。

ただし加熱直後はかなり熱くなっているため、適温になってから子供の顔にあてましょう。

また清潔なタオルをつかわないとタオルに発生している細菌などを吸い込んでしまうことにも

なるので、使うタオルは必ず毎回清潔な物を使うようにしましょう。

蒸しタオルは蒸気が出るため鼻づまり解消にはとても役立つのですが、冬場など寒い時期は

すぐに冷めてしまうのが難点です。

タオルは冷めてしまったけどもう少し温めてあげたいという時は、ホッカイロを使うのも一つの手です。

最近はあまり売ってないのですが、貼るタイプのものよりは貼らないタイプの柔らかいホッカイロの

ほうが鼻にフィットして温めやすいですよ。

・鼻のツボを押す

小鼻の両脇に「迎香」という鼻のツボがあります。

ここを押すことで鼻の通りが改善される場合があります。

押す場所は小鼻の両脇のくぼんでいるところです。

3秒ほどぎゅーっと押して6秒ほど休む、の間隔で鼻が通るまで続けます。

ただし子供が嫌がる場合には無理に行わないようにしましょう。

子供がツボ押しを嫌がる場合には、後頭部にある「風池」というツボを温めてあげましょう。

首と頭の付け根にあるツボなので、寝る時に首筋の少し上あたりを温めてあげると効果があります。

まとめ

鼻づまりが続くと夜もあまり眠れず、乳児だとおっぱいやミルクを飲むこともできなくなってしまいます。

また口呼吸が続くことで喉が痛くなったり別のウイルスや細菌に感染しやすくなってしまうこともあります。

鼻づまりはすぐに完治できるものではありませんが、少しでも子供の鼻が楽になるようにできることから色々と試してみましょう。


育児日記ランキング ブログランキングに参加しております。
よろしければポチっとお願いします!

このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 新米ママ育児へ
にほんブログ村

Follow me!

スポンサードリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。