vvv 育児の辛さの本音と建前って何だろう?考えたことありますか? | 初めての子育て  

育児の辛さの本音と建前って何だろう?考えたことありますか?

スポンサードリンク


無事に出産を終えて、いよいよ待ちに待った育児開始だ!!
…と思ったのもつかの間、自分の想像を超えた大変さや辛さに
気づいたら涙が出てた。なんてことありませんか??

可愛い我が子との幸せな生活♪だけじゃないのが育児の現実。
でも、本当にギリギリまでsosを発信できないのも現実です。
そこで今回は育児を《辛い》と感じる時期をまとめてみました

何が大変とかじゃない!とにかくしんどいんです。

「こどもが小さい時は大変だけど頑張って!色々と今だけだから!」
これ、小さい子を連れたお母さんは一度はかならず言われた事が
あるんじゃないかな?ちなみに、私も何度か言われました。

でもこの言葉って《大変》《辛い》って感じる時期を乗り越えたから
こそ大変だった当時を振り返って言える言葉だと思うんです。
振り返れると言うことは、それだけ余裕が生まれたと言うことだから
全然悪いことじゃないし、むしろそうなりたいですよね!

そんな大変な育児、一体どの時期がみんなは辛いと感じているのか?
パッと頭に浮かぶのは、やっぱり『イヤイヤ期』ですよね。

でも、以外のもイヤイヤ期と同等くらいに辛いと感じる人が多かった
時期があるんです!それは《産後〜半年くらいまで》の期間。
「あ〜なんとなくわかる。」「私もそう言えばそうだったかも!」
なんて共感してるママも多いんじゃないですか??

初めての出産となると、母方の実家に帰省する人がほとんどだけど
第二子・第三子ともなってくるとそうそう帰れませんよね。
この産後に辛いと感じた人の多くの理由は

☆新生児の育児に対する過度のプレッシャー
☆1・2時間おきの授乳でまとまった睡眠が全く取れない
☆背中スイッチ(下ろすと泣く)が敏感すぎてずっと抱っこ
☆まだお話しできない子供との空間で孤独を感じてしまう

などがあげられます。私はどれも頷ける…笑
最初に上がった新生児育児に対するプレッシャー、私もありました
〝乳幼児突然死″〝授乳中の窒息″なにかと不慮の事故で亡くなる
小さな命のニュースは見かけていたし、小さく産まれた我が子は
チアノーゼをよく起こしていたのでそれも含めて毎日、毎時間
息をきちんとしているか確認したり、お昼寝中も布団は大丈夫か
うつ伏で寝てないかないか?など心配で仕方なかった記憶が…。

そこに慢性的な寝不足が加わり、さらにプラス夜泣きとなると
そりゃシンドイですよね。子供はかわいいんです。でも辛い。
いつか終わる!なんて言葉は、その時には全くと言って良いほど
なんの効力もなくて。「いつまで続くの?」「早く終わって…」が
多くのママたちの心の奥の叫びなんだと思います。

次にあげられたのは《孤独》
慣れない育児と命へのプレッシャーはとてつもない心のストレス
女性は《お話し・買い物・美味しいもの》などでストレス発散する
ことが多い生き物だけど、産後はその制限も多いですよね。

特に、産まれたばかりの新生児を連れての外出は生後1ヶ月過ぎ
じゃないとできない!つまりその間は自宅に引きこもり状態。
《育児》って立派なお仕事があるけれど、社会から切り離された
状態になるこの頃はとっても孤独を感じやすく、その状況こそが
《産後うつ》の引き金になりかねないんです。

私も特に用事はないのに、とにかく外に出たくて仕方がなくて。
主人に子供を預けてからちょこっとだけ行ける
車で5分かからないコンビニに行ってコーヒー一つ買うだけで
涙が出てきたことがあります。
決して子供が可愛くないわけじゃないんです。
でも解放されたって思っちゃったんですよね。

授乳・夜泣き・寝不足…そんなこんなで自分に構ってる暇なんて
これっぽっチッもないママ。気分も塞ぎがちだし、ストレスだって
溜まっていく一方で辛いですよね。
そんな子育て中にもできる手軽な気分転換方法があるんです!

☆子供が寝た後に自分の時間を持つ!☆

これは多くの人がアドバイスすることが多いですよね。
ただ、これはある程度寝てくれるようにならないと実現しません…
そんな時は…

☆簡単にお化粧してみる!

子供が産まれてから、お化粧なんかしている暇も時間もない!
って人多いと思います。私もそうでした…
しかも一日中家にいるだけだから、化粧なんて必要ないでしょ
って思っていたんですが…ある時フト、ネットで可愛い口紅を
見つけて購入♪何気なくつけて過ごしていたら、主人に褒められ
自分で鏡を見るときもなんか良い気分になることが出来たんです!
些細なことだけど、気分がリフレッシュできた瞬間でした♪

☆香りのいい紅茶やハーブティ☆

これなら15分くらいのリラックスタイムでOKの方法です!
好きな香りは心を穏やかにしてくれるし、コーヒーでもOK☆
飲み物のお供には、ちょっと高めのお菓子なんかがいいですよ
いつも頑張る自分へのご褒美として、取り入れてみてください

まとめ

いかがでしたか??
育児中のママたちの本音。共感できた人は多いと思います。
楽しい!可愛い!幸せ!ばかりじゃないのが育児のリアルです。
でも、いつか今の育児をゆっくり振り返る機会ができたら
存分に自分を褒めてあげましょう。


育児日記ランキング ブログランキングに参加しております。
よろしければポチっとお願いします!

このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 新米ママ育児へ
にほんブログ村

Follow me!

スポンサードリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。