vvv 子供の集中力が続かない?!その理由と集中力を高める4つの方法とは | 初めての子育て  

子供の集中力が続かない?!その理由と集中力を高める4つの方法とは

スポンサードリンク




学校の宿題や家でのワーク問題など、やってほしいのになかなか子供が
集中してやってくれないなんてことありませんか?

あらぬところを見てボーッとしたり、宿題をしているかと思えば他の
ことをしていたり。

親としては「さっさとやりなさい!」と怒ってしまいがちですが、
集中力が出ないのは子供なりの理由があります。

集中力がなくなってしまう原因と対策について見ていきましょう。

子供の集中力が続かないのはなぜ?

子供は自分の好きな物に対する集中力はものすごいものがあります。
大人が感心するくらいひとつのことに集中してしまうものです。

しかし自分の興味のないものや他に気になるものがあったりする場合、
集中力はとたんに落ちてしまいます。

では子供の集中力が落ちてしまう理由をひとつずつ見ていきましょう。

・楽しくない

これは一番単純でわかりやすい理由ですが、やはり勉強や宿題が楽しく
ないことが一番の理由でしょう。

そもそも宿題というものは学校から強制的にやらされるものなので、
それを自らすすんでやりたいと思う子供はあまりいません。

大人だってやりたくない仕事にはなかなか身が入らないものです。
子供ならなおさら、やりたくないものに集中できないことはある
意味仕方のないことと言えるでしょう。

・他に気を取られている

宿題をしている時にテレビがついていたり、好きな漫画や本が
そばにおいてあったり、他に気を取られる何かがあると絶対に
集中はできません。

兄弟・姉妹がいる場合は相手が何か遊んでいたりゲームをして
いたりすると、どうしても一緒に遊びたくてソワソワしてしま
います。

・問題がわからない

自分ではやろうと思っていても、難しい問題やわからない問題が
出てくるととたんに集中力がきれてしまうことがあります。

そこまで難しくなくて少し考えればできるような問題でも、一回
「あれ?」と考えこんでしまうとそこで集中力がなくなってしま
ったりもします。

・宿題などやることの量が多い

宿題そのものの量が多かったり、宿題以外にもあれこれもやること
がたくさんあったりすると、終わりが見えずに嫌になってしまいど
うしてもグズグズしてしまいがちです。

子供はまだ複数のことを一度に頭の中で処理する能力がありません。
いっぺんにあれやこれや言ってしまうと、頭も気持ちもフリーズして
しまったりします。

子供に集中力を出させたい時にできること

・何か楽しみを見つけてあげる

子供が宿題や勉強を楽しくないと感じているようだったら、楽しく
できるように工夫してあげましょう。

親が一緒に問題を解いて競争してみるのもいいでしょう。

また子供の宿題のあとにちょっとしたご褒美を用意してみても
いいでしょう。

宿題が終わったら好きな番組が観れる、ゲームが30分できる、
親が好きな遊びに付き合ってあげる、果物やゼリーなどちょっと
したデザートが食べられる、など。

なんでもいいのですが、家庭のルール内で与えられるちょっとした
楽しいことを用意してあげることで、子供も一気に集中力を増すこ
とができるようになります。

・気が散る物は排除してあげよう

まず勉強する時は机やテーブルの上は片付けて、他に気が散らない
ようにしてあげましょう。

そしてテレビは必ず消すようにしましょう。

また他に兄弟・姉妹がいる場合は、他の部屋で遊ばせたりして気が
散らないようにしてあげましょう。

一番いいのは一緒に勉強することです。

もし年上だったり同い年くらいの子供なら一緒に学校の勉強などを
させてしまえばいいでしょうし、小さい子供でもお絵かきなどでお
勉強ごっこをさせてあげると、自分もお兄ちゃんお姉ちゃんになっ
たような気分で楽しんでくれます。

・そばで見守ってあげる

何かわからない問題があったとしても、そばで見ていてあげないと
ただ単にやる気がないだけなのか問題につまずいているのかわから
ないこともあります。

そのためできるだけそばで見守ってあげて、わからない問題は早め
に手助けしてあげると子供の集中力も持続します。

もし手が止まっているようであれば「どこかわからない?」と声を
かけてあげましょう。

・勉強の時間は前もって計画しておく

前触れなく「宿題しなさい」と言ってしまうと、子供にはいきなり
やることが増えたように感じて集中力がでないことがあります。

そのため、前もって「何時から宿題」というように決めておくことで、
子供も心づもりができて頭を切り替えることができます。

また子供の集中力はもって数十分です。
低学年なら10分、20分続けばいいほうです。

もし宿題の量などが多くて時間がかかりそうな場合は、途中に休憩
などをはさんだほうが効率よくできることもあります。

子供の様子を見て、完全に集中力がきれているなと思ったら一度気分
転換をさせてあげるのもいいでしょう。

子供がなかなか宿題や勉強が進まない理由は、その子によって様々です。
一概にやる気がないと決めつけることなく、子供がどうして集中できて
いないのかその原因を探ることが大事です。

その原因は日によっても違うでしょう。
子供の様子を毎日見守りながら、その時の子供にあったサポートをして
いってあげましょう。


育児日記ランキング ブログランキングに参加しております。
よろしければポチっとお願いします!

このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 新米ママ育児へ
にほんブログ村

Follow me!

スポンサードリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。