vvv 外遊びゲームのおススメ6選!元気に外で遊ぼう! | 初めての子育て  

外遊びゲームのおススメ6選!元気に外で遊ぼう!

スポンサードリンク


最近の子供はあまり外で遊ばないと言われたりしますよね。
しかし親も一緒になって楽しく遊んであげれば、どの子供も
外で元気よく遊ぶようになります。

またお友達がたくさんいればいるほど外で遊ぶのも楽しく
なります。

この記事では幼稚園から小学校低学年くらいまでの子供が
楽しく遊べる外遊びを紹介しているので、ぜひ親子や友達
と楽しく遊んでみてください。

ドンパンじゃんけん

2チームに分かれ、少し離れた場所で向かい合って一列に並
びます。スタートの合図とともに両チームの一番前の子が走
り出し、両手を突き出し「ドーン」と言ってお互いぶつかり
あったところでとまります。

この時相手を倒さないように気を付けてください。とまったら
その場でじゃんけんをし、負けたほうは自分のチームの列の一
番後ろまで戻り、勝ったほうはそのまま相手チームへ向かって
走ります。

負けたほうのチームは前の子が負けたらすぐに次の番の子が走り
出して、また「ドーン」とぶつかったところでじゃんけんをします。

これを繰り返し、先に誰かが相手チームの陣地まで到達したらその
チームの勝ちになります。二人でもできる遊びですが、できれば4人
以上いたほうが楽しめます。

たかおに

鬼ごっこの一種で、小さい頃にやったことのある人も多いでしょう。
鬼を一人決め、鬼が他の子供を追いかけてつかまるのは普通の鬼ごっこ
と一緒ですが、相手が高いところへ上っている間は鬼はタッチができません。

その際みんながずっと高い場所へ上ったままになってしまうと鬼は誰
にもタッチできなくなってしまうので、鬼が10数えるまでにその場
所を移動しなかったら鬼はタッチしてもいいなどとルールを付けたし
たほうが公平に遊べるでしょう。

また小石の上は高い場所に含まれるのかなど、どの程度の高さならオッ
ケーなのか最初に決めておいてほうがトラブルなく遊ぶことができます。

島おに

こちらも鬼ごっこの一種です。
鬼を一人決めたら鬼以外は鬼から少し離れた場所でかたまって待機します。
地面にはいくつか大きな〇を書いておき、そこを安全な島とします。

スタートの合図とともに鬼とその他の子供たちは走り出し、子供たちは
鬼につかまる前にどこかの島の中へ逃げ込むことができればセーフとな
ります。

島に入る前に鬼につかまったらその子が次の鬼となります。誰もつかま
らなければ同じ子供が鬼のまま2回戦がはじまりますが、その時はまた
子供たちは全員一度待機場所まで戻ります。

何回やっても鬼が変わらない場合は「鬼を3回やったら鬼は交替」という
ように決めたりして、一人の子ばかり鬼にならないように気を付けてあげ
ましょう。

反対信号

鬼を一人決め、鬼が言ったことと反対のことをする遊びです。
鬼が決まったら、他の子供は鬼を囲むようにして円を作ります。
そうして鬼の周りを回りながら歩きます。

中心にいる鬼はそこで色々な指示を出し、周りの子供たちは鬼の指示とは反
対のことをします。

例えば鬼が「歩け」と言ったら止まる、「右向け」と言ったら左を向く、
「腕をあげて」と言ったら腕をさげる、といった感じです。

もし鬼が言った指示と同じことをしてしまったら輪から外れた場所で
しゃがんで待機します。全員失敗したら鬼交替となります。

しかしもし人数が多くてなかなか決着がつかない場合やまったく間違え
ない子がいて長引く場合はある程度のところで鬼を交替しましょう。

魚とり

まず一人鬼を決めます。鬼は「漁師」となり、その他の子供たちは「魚」
となります。

地面に四角を書き、漁師は四角の中、魚たちは四角の外でそれぞれ待機します。
漁師が「網を投げるぞー!」と言ったら魚たちは四角の中に入り、四角の
向こう側まで走り抜けます。

四角から抜け出す前に漁師につかまった魚は、今度は漁師の「網」となります。
網役の子は漁師と手をつなぎ、他の魚を一緒になってつかまえます。
これを何回か繰り返し、魚が全員つかまったら最初につかまった子が鬼となっ
て再スタートします。

しっぽ取り

地面に大きな四角を書き、子供は全員がしっぽとなるものをズボンにはさみます。
タスキのようなものでも大きめのハンカチでもいいのですが、少し引っ張っただ
けですぐにはずれるようにしておきましょう。

スタートの合図とともにみんな一斉に四角の中に入り、自分のしっぽが取られな
いように気を付けながら相手のしっぽを取ります。

自分のしっぽが取られた子は四角の外へ出てしゃがんで待ちます。
ある程度の時間を決めておき、時間になった時にしっぽを一番多く持っている子
の勝ちとなります。

まとめ

外遊びのいいところは全身運動ができるところはもちろんのこと、集団で
遊んだ時にゲームのルールを守って遊ぶということを学べるところです。

集団で生活する上でルールを守ることはとても大切なことで、子供たちは
ゲームを通してそのことを学習していきます。

しかしもちろんまだまだ小さいのでルールを破る子も出てくるでしょうし、
ズルをしたりケンカに発展することもあるでしょう。

そうやってトラブルになったとしても、それは子供たちがさらに成長できる
いいチャンスです。

トラブルになったら「もう終わり!」とするのではなく、何がいけなかったの
か、ルールを守らないとみんなが嫌な思いをするということなどを教えてあげ
ましょう。

そうすることで徐々に楽しく集団遊びができるようになるでしょう。


育児日記ランキング ブログランキングに参加しております。
よろしければポチっとお願いします!

このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 新米ママ育児へ
にほんブログ村

Follow me!

スポンサードリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。