vvv 子供に多い滲出性中耳炎!急性中耳炎との違いは? | 初めての子育て  

子供に多い滲出性中耳炎!急性中耳炎との違いは?

スポンサードリンク


中耳炎というと耳を痛がる急性中耳炎を思い浮かべますが、それとは
また違った滲出性中耳炎というものが存在します。

こちらは1~5歳くらいの幼児が特にかかりやすいと言われています。
うちの兄妹も例にもれず二人とも滲出性中耳炎にかかりました。

この記事では我が家の例をもとに、滲出性中耳炎とはどういうものかを
まとめていきます。

滲出性中耳炎と急性中耳炎はどう違う?

急性中耳炎とは風邪などをひいた時にウイルスや細菌が耳のほうへ入っ
てしまい、中耳の部分が急性的に炎症を起こした状態のことを言います。
炎症を起こしているためもちろん痛みも強く、発熱を伴うこともあります。

風邪をひいていた赤ちゃんがずっと不機嫌だったり耳をいじったりして
いる場合は、この急性中耳炎が疑われます。

言葉が話せる年齢になれば「耳が痛い」と訴えるのですぐに気づけるで
しょう。

それとは別に滲出性中耳炎は痛みというものがほとんどありません。
急性中耳炎が炎症によるものに対して、こちらはただ単に中耳に浸出液
がたまっているだけの状態です。

そのため痛くはないのですが、耳の奥がつまったような感じがします。
大人であれば耳の奥で水の音が聞こえたり閉塞感があったりして気づく
こともありますが、子供の場合は自分から症状を訴えることはほぼあり
ません。

たまに少し痛みを伴うこともありますが、まったく痛まない場合は気づ
くことが遅れてしまうこともよくあります。
そんな滲出性中耳炎の中でも一番気づきやすい症状が「難聴」です。

上の子の場合は呼んでもなかなか振り向いてくれないため、耳の聞こえ
が悪いことに気づき耳鼻科を受診した結果滲出性中耳炎とわかりました。

しかし下の子の場合は耳の聞こえは普段とまったく変わらず聞こえてい
たため、耳の異常にはまったく気づきませんでした。

なかなか治らない鼻水と鼻づまりで受診し、そこで滲出性中耳炎になっ
ていることを知って驚いたものです。

このように症状も子供によって様々なので、鼻水や鼻づまりが続く場合
は早目に受診して耳もしっかりと診てもらうことが一番です。

特にアレルギーなどで鼻水が出やすい子は滲出性中耳炎にもなりやすい
ので気を付けましょう。

また、急性中耳炎になった時に治りきらず、そのまま滲出性中耳炎に以降
する場合もあります。

少しよくなったからと言って勝手に受診をやめたりすることなく、完治す
るまでしっかりと治療しましょう。

滲出性中耳炎の治療法

滲出性中耳炎は基本的にはそのまま放置しておいても治るものですが、症
状の経過観察のために必ず受診は必要となります。
耳鼻科での治療は内服薬による経過観察です。

出される薬はだいたい痰きりの薬とアレルギーを抑える薬です。
それに加えて抗生剤が出されることもあります。
急性中耳炎と違って滲出性中耳炎の場合は治るまでに長い時間がかかります。
上の子の時は半年近く耳鼻科通いをしたものです。

それだけ長い間抗生剤を飲み続けることは親として少し不安もありましたが、
症状を見ながら弱い抗生剤に切り替わり、量も少量のものを処方されていた
ため特に副作用なども見られずにすみました。

耳鼻科はどこも混んでいるため、子供を連れての頻繁な受診はとても根気の
いるものですが、滲出性中耳炎で一番大事なことはやはり定期的に耳の状態
を診てもらうことです。

こればかりは風邪などと違って「良くなってきたな」ということが外から見て
わからないので、しっかりと病院で今どのような状態かを診てもらいましょう。

それと同時に鼻水をしっかりと取ることも大事です。
ある程度大きい子なら鼻すすりをやめさせて、自分で鼻をかむことを覚えさせ
ましょう。

鼻をかむときも片方ずつ優しくかむように練習しましょう。
まだ小さい子で自分で鼻をかめない場合は、こまめに鼻水を吸ってあげましょう。

今は様々な鼻の吸引グッズが売られていますが、頻繁に鼻が出るような子の場合
は自分で吸うタイプのものよりは電動タイプのもののほうが断然楽でおすすめです。

口で吸うタイプのものよりも吸引力があるため、奥のほうにたまった鼻水もしっ
かりと吸うことができます。

ただこちらも鼻を強くかむことがいけないように、吸引力を強くしすぎると逆に
耳を傷めてしまうので気を付けましょう。

このように軽い症状であれば内服薬と経過観察だけで時間とともに治りますが、
難聴がひどい場合や3か月以上たっても改善の目途がたたない場合は鼓膜に
チューブを通す場合もあります。

またアデノイドの肥大が原因で中耳炎を起こしている場合はアデノイドの切除
を行う場合もあります。
どちらにしてもお医者さんにじっくりと話を聞いた上で指示を仰ぎましょう。

まとめ

子供はとにかく1年中咳や鼻水の症状があるものです。
ちょっとした風邪ですぐに受診する必要はありませんが、なかなか症状が治
らない場合や慢性的に続いている場合はやはり一度しっかりと受診する必要
があります。

また一度中耳炎にかかった子は再発もしやすいので、普段から子供の耳の様
子を気にかけてあげるようにしましょう。


育児日記ランキング ブログランキングに参加しております。
よろしければポチっとお願いします!

このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 新米ママ育児へ
にほんブログ村

Follow me!

スポンサードリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。