vvv 電動式の鼻吸引器は子供が大きくなってからも大活躍する優れもの | 初めての子育て  

電動式の鼻吸引器は子供が大きくなってからも大活躍する優れもの

スポンサードリンク


子供って本当にしょっちゅう風邪をひきますよね。
風邪をひくと困るのが鼻水です。

ダラダラたれてくるだけならまだ拭いてあげればいいのですが、
鼻にたまってしまっていると息もできなくなるし、副鼻腔炎や
中耳炎などを引き起こす危険性もあります。

そんな時に役立つのが鼻水の吸引グッズですが、この吸引器に
は様々な種類があります。

その中でも電気で自動に吸引をしてくれる電動式の吸引器とい
うものがあります。

ただなかなかに高価なため気軽に買えるものではなく、気には
なっていてもなかなか購入する決断ができないという人も多い
でしょう。

この記事では私が実際に電動の鼻吸引機を使ってみた体験談を
まとめてみたので、購入を悩んでいる方は参考になさってくだ
さい。

電動吸引器を購入するに至るまで

一番初めの子は2か月くらいの時に鼻がつまってしまい、とに
かく苦しそうな日が続きました。

しかしまだ子供を産んだばかりだったこともあり、私には「子供
の鼻水を吸ってあげる」という知識がありませんでした。

そこで病院へ行き、看護師さんに「お母さん、子供の鼻水は自分
で吸ってあげるのよ」と言われて初めてそういうものだと知った
のです。

ベビー用品売り場に行くと、様々な吸引グッズが売られていました。
しかし当時はまだ今よりも商品の種類も少なく、売り場に置かれて
いるのは自分の口で吸うタイプのものが主流でした。

そのため、私も最初は自分の口で吸うタイプの物を買って使ってい
ました。

もちろんこのタイプの物でも鼻水は吸えるのですが、自分の吸引力
には限界があります。

奥のほうにたまっている鼻水まではどうしても吸いきれないのです。
また嫌がる子供を押さえつけながら思いっきり息を吸うというのは
かなり疲れる作業です。

鼻を吸うだけで息が切れて酸欠を起こすような時もありました。
子供が風邪をひいている時などはこれを一日に何回もやらなければ
ならないのですから、親子揃って鼻を吸うのが本当に嫌になってい
ました。

そこで、毎回こんな苦労をするのならと、多少値段は高くても電動式
の吸引器を買うことを決断したのです。

電動式の吸引器を使ってみて

ようやく買ってみた電動式の吸引器ですが、本当に負担が減りました。
親は吸引ノズルを子供の鼻にあてるだけで鼻水を吸ってくるのですから、
何も労力はいりません。

吸引力も、もちろん耳鼻科なみとはいきませんが、自分の口で吸うより
はずっと吸引してくれます。

子供が嫌がることに違いはなかったのですが、自分で吸うわけではない
ので暴れる子供を押さえつけるのも楽でした。

しかし年齢があがったということもあるのでしょうが、子供も徐々に
この吸引器にも慣れ嫌がらなくなっていきました。

またこの電動式のいいところは、慣れれば子供が自分一人で吸引できる
というところです。

下の子もやはり赤ちゃんの頃は鼻の吸引をするたびにものすごい泣いて
抵抗していたのですが、お兄ちゃんが一人でやっているのを見て嫌がる
ことがなくなり、3歳頃にはすでに自分で鼻にあてて一人でやるように
なりました。こちらとしてはこれ以上楽なことはありません。

電動式吸引器のデメリット

電動式の吸引機も、いいところもあればやはり不便なところもあります。
そのうちのひとつが「かさばる」ということでしょう。

自分で吸うタイプのものなどはグッズ自体が小さいので、簡単に片付け
ることができます。

しかし電動式はどうしても電気で動かす分サイズが大きくなります。
私が買った商品には片付け用のバッグがついてきましたが、縦横30cm
ほどのサイズのトートバッグなので、それなりに場所をとります。

また子供が風邪をひいている間は本体を出しっぱなしにしているので、
結構邪魔になることもあります。

ふたつ目のデメリットが「お手入れが面倒」だと言うことです。
そこまでひどく大変ではないのですが、やはり部品が多い分洗う箇所も
増えてきます。

またチューブが長いため、チューブを洗うのがとても大変です。
水で流したとしても中にへばりついてしまった鼻水はなかなか出てきま
せん。

また全部出てきたと思っても中に残っていたりするとすぐにカビが生え
てしまいます。

そのため、説明書ではチューブなどの部品は毎回消毒することをすすめ
ています。

ただ私はズボラなため毎回消毒はせずに水洗いだけですませてしまって
います。

たまにカビが生えてしまってもハイターにつけておくとキレイになくな
るのでおすすめです。

また、カビがひどくてもうどうにもならない、という場合でもチューブだ
け別で購入することもできるので安心です。

まとめ

いかがだったでしょうか。
電動式の吸引器はお手入れや保管場所のデメリットがありますが、それら
を差し引いても私は本当に買ってよかったと思っています。

電動式にもいくつか種類があるので、まずはそれぞれの商品レビューなどを
見て参考にしてみましょう。

また店頭に商品がある場合は、実際に自分の目で大きさなどを確認してみる
のもいいですね。


育児日記ランキング ブログランキングに参加しております。
よろしければポチっとお願いします!

このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 新米ママ育児へ
にほんブログ村

Follow me!

スポンサードリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。