vvv 3歳児は赤ちゃんからお兄さんお姉さんへの大事な通過点 | 初めての子育て  

3歳児は赤ちゃんからお兄さんお姉さんへの大事な通過点

スポンサードリンク


3歳はまだまだ赤ちゃんっぽかった2歳にくらべ、だいぶしっかりと
お兄さんお姉さんに近づいてきます。

とはいえ、まだまだ成長途中。
昨日はできたのに今日はできない、なんてこともたくさんあります。

そんな赤ちゃんとお兄さんお姉さんの間で揺れる3歳児、どう育てて
あげればいいのでしょうか。

3歳の子供には自信が大切

3歳の子は「ママ、ママー」と甘えることもまだまだ多い時期ですが、
少しずつ自立してきて自分でやりたがることもどんどん増えてくる時期
でもあります。

そうしてうまくいかなかったり嫌なことがあったりするとまた「ママー!」
とお母さんのもとへ戻ってきます。

こうやって行きつ戻りつしながらどんどん自立をしていく時期がこの3歳
の頃です。

そんな3歳の子供にとって大事なことは、たくさんの成功体験を重ねて自
信をつけさせてあげることです。

では子供に自信をつけさせてあげるためにできることはなんなのか、具体
的に見ていきましょう。

・小さい成功を大事にする

3歳くらいの子供は赤ちゃんにくらべればたくさんできることも増えますが、
あまり難しいことはまだできません。
そのため失敗することもたくさんあるでしょう。

しかしできないことばかりに目を向けていると、子供はどんどん自分に自信
がなくなってしまいます。

そうならないようにとても小さなことでいいので、子供が「できた!」と成功
する体験をたくさんさせてあげましょう。

それはどんな些細なことでもかまいません。
例えばご飯を全部残さずに食べられた、自分で靴を上手にはけた、自分からトイ
レに行けたなど、ちょっとした成功を見逃さずに褒めてあげましょう。

・お手伝いをしてもらう

3歳くらいになると身の回りのことなど、自分のことは自分でできることが増え
てきます。

さらにそれに加え、お父さんお母さんのお手伝いをしてもらって、人に喜んでもら
う経験をさせてあげましょう。

ゴミを捨ててもらったりお買い物で物を運んでもらったりタオルをたたんでもらっ
たり、3歳の子にもできるお手伝いはたくさんあります。

「ありがとう!助かったよ!」と親からお礼を言われると子供はとても喜び、自信に
もつながります。

・自分で考えさせる

今までは親のほうから「こうしよう」「ああしよう」と子供に言うことが多かったで
しょうが、3歳くらいになれば自分で色々と考える力がついてきます。

小さいうちから「自分の頭で考える」という経験をたくさんさせてあげましょう。

例えばお箸を配ってもらう時に「これはお父さんの」「これはお母さんの」といち
いち教えることなく「これは誰のかな?」と子供に自分で考えさせてみてもいいで
しょう。

大きさや色で判断したり、普段使っている様子を思い浮かべたり、子供は自分でた
くさん考えることができます。

他にも次の遊びを考えさせてみたり、お買い物に行くためにはどんな準備をすれば
いいか聞いてみたり、色々と子供に質問してみましょう。

もちろん正解ばかりが返ってくるわけではありませんが、たまに面白い答えが返っ
てきて感心させられることもありますよ。

親と一緒の時間を大事にしよう

3歳くらいの子供はほとんどの子供が幼稚園などの集団生活に入ったりして、家以
外の世界がどんどん広がっていく時期です。

興味津々でその世界に飛び込んでいく子もいれば、不安でなかなか飛び込んでいけ
ない子もいます。

しかしどんな子供も「安心して戻れる場所」があるからこそ違う世界にも入っていけ
るのです。

お父さんお母さんが必ずいてくれる安心感を得て、初めて少しずつ親から離れること
ができます。

逆に親にあまり相手にされなかったり甘えさせてもらえない子供は外でもビクビクし
てしまったり、不安から他人を攻撃してしまったりすることがあります。
そうならないためにも子供との時間は大事にしてあげましょう。

そうは言っても仕事であまり子供と関わる時間がない、という人も多いでしょう。
そういった場合でも、その短い時間をいかに過ごすかが大事になってきます。

短い時間でも子供の話をたくさん聞いて子供の目を見て話してあげれば、子供は「自
分のことを見てくれている」と安心します。

それに加えてスキンシップもたくさんしてあげましょう。
寝る前に絵本を読んであげたりぎゅっと抱きしめてあげるのもいいですね。
短い時間であってもそういった親の行動は、子供の心に安心感を与えます。

そうして安心感を得た子供は徐々に外の世界へと出る自信をつけ、親以外の人たち
との関わりを深めていくことができるようになるのです。

まとめ

親からすれば3歳の我が子はまだまだ赤ちゃんのようなものです。
しかし子供の中ではしっかりと自立心が育ちつつあります。
いつまでも赤ちゃん扱いしてしまってはその自立を妨げることにもなりかねません。

これから始まる集団生活にも「一人で大丈夫だよ!」と駆け出していけるように、
子供の自立を少しずつサポートしてあげましょう。


育児日記ランキング ブログランキングに参加しております。
よろしければポチっとお願いします!

このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 新米ママ育児へ
にほんブログ村

Follow me!

スポンサードリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。